【断捨離】ひとつ買ったらふたつ以上捨てて、自然と断捨離していく

断捨離する!と言ったら、

大量の物を引き出しや押入れから出して、

沢山の物の山から要不要を分けて、

要らないものはどんどんゴミ袋に入れて・・・

ホコリにまみれて、断捨離祭り!というイメージですが、

そこまで気合いを入れなくても、自然と断捨離する方法もあります。

スポンサーリンク

物をひとつ買ったら、ふたつかそれ以上手放す

ひとつ買ったらひとつ処分、というのはよく聞きますが、

私はひとつ買ったら2つ以上のものを処分するのがいいと思っています。

生活している限り、必ず物が入ってくるので、ひとつ買ってひとつ捨てたとしても

追いつかないと思うんです。そのペースだと、確実に物は増えていきます。

特に、消耗品を購入した時などは、ただの入れ替えになります。

例えば、靴下に穴が開いたから新しいのを買って、穴の開いた古い方を捨てるとしても、

入れ替わっただけなので物が減ったことにはなりません。

物を少なくスッキリさせたかったら、ひとつ買ったら2つ以上処分。

上記のことで言えば、靴下の他にほとんど着ないTシャツも一緒に処分するようにします。

そうしていくうちに、物の量が徐々に減っていきます。

一気に物を減らすよりもある程度の期間はかかってしまいますが、

休日に数時間かけてガッツリやる!と気負わなくても、

日々のちょっとした時間で出来ることなので、気持ち的にも楽です(*^^*)

断捨離ですでに物が減った生活でも実施していく

もうすでに何時間・何日かかけて断捨離ができている場合や、

すでに多くの物を減らして物が少ない状態で生活している場合、

物が少なくスッキリしたこの状態をずっと維持していきたい。

そう思うと思います。

しかし、物が入ってくるばかりで何もしなければ、いくら一時的に物が減ったとしても、再び物は増えていきます。

スッキリした状態をキープ、またはさらにモノを減らしたいという場合は、

ひとつ買ったら最低2つは処分するというプチ断捨離の癖をつけていきましょう!

小さな断捨離を続けると物事を選択するのが早くなる

物を捨てるときって、もう捨てようと思っていたもの以外は、

捨てようか取っておこうか迷うことが多いと思います。

私は、そのような時は、迷っている物をいったん別の場所に移して、

何日か、または何週間か寝かせて、

それでも無くても大丈夫だとなれば処分するようにしています。

自分の納得したタイミングでの処分です。

小さな断捨離を続けていたら、この寝かせる時間を短縮できるようになってきます。

なぜなら、自分で要・不要かを考えることに慣れることができれば、

自分の中で決断をする時間も早くなります。

また、このように一つ一つモノと向き合って、

どのような処置をするか決定するという行為は、

生きていく中のあらゆる場面で応用できるんです。

人生における重要な選択をする時など、優柔不断でまごまごしていたら

たとえチャンスが訪れても逃してしまうかもしれない。

物事を選択することに慣れるという点でも、断捨離は非常に役立つ手段だと思います。

もともと(今も)優柔不断な私ですが、モノの要・不要を考えることが多くなったおかげで、

ほんの少しずつですが判断が早くなってきたと実感しています。

出来る時、思い出した時に心がける

ひとつ買ったら2つ以上捨てる。絶対このルールで!と固く守るのではなく、

出来る時だけ、思い出した時だけ、心がけるのでも違ってきます。

ゆっくり、気負わずに断捨離して、自然と物が減っていく。そうやってスッキリをキープして、心穏やかな暮らしをこれからも目指していきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする