【習い事】初めての電子ピアノはカシオのプリヴィア(PX-760※新機種はPX-770)。転勤族にも◎

ピアノを習い始めてからしばらくは、ずっとお古のキーボードで練習していました。

こどもの習い事、決定。お金をかけるべき時にかけておく。
先日、無料体験を受け、習い事を始めることがきまりました! お遊びのような体操教室は、子供の体力発散のためにと見学して子供がまた...

まだ習いたての段階では、弾く音と言ったら「ド」「ㇾ」「ミ」ぐらいなので、何とかなるといえば何とかなります。

でも、少しでも早くピアノの鍵盤の感覚に慣れてほしいという思いもあり。

いろいろと迷いましたが、電子ピアノを購入することにしました!

選んだ機種や、実際に電子ピアノが届いてからの組立、弾いた感想などレビューを書きたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ「電子ピアノ」にしたのか?

まず、子供の習い事の練習用ピアノを、なぜ電子ピアノにしたか?という理由です。

通っているピアノ教室でも、アップライトピアノやグランドピアノなど、本物のピアノで弾くことが推奨されています。

それでも電子ピアノにしたのは「転勤族だから」というのがあります。

転勤族には「電子ピアノ」

転勤族は社宅という(一般的に古い)集合住宅に住む機会が多いです。

普通のマンションでも同じようなことが言えるかもしれませんが、

「音」「騒音」には気を遣います

実際、以前の社宅では夜9時頃までピアノ弾いているご家庭があり、

社宅中にピアノの音が響き渡っておりました。(それも毎日。。。)

さすがに夜9時までピアノの音が響いていていると、寝かしつけにも時間がかかって大変でした。。テレビの音も聞こえにくいですし…。

昼間はいいと思いますが、夜はもう少し考えなくてはと思います。

電子ピアノなら音量を調整できますし、ヘッドホンをつけてしまえば音が自分にしか聞こえません。

ただ、鍵盤を弾くカタカタ音はあるので、ピアノの下に防音マットなど弾いたり何か対策は必要かもしれません。


ITOMASA フロアマット&チェアマットSTセット/電子ピアノ用

電子ピアノはCASIOのPrivia(PX-760※新機種はPX-770)

そろそろ買わなくてはというところに、ちょうどいいタイミングでスーパーセールだったので、この機会に購入。

お手頃なKORG(コルグ)とCASIO(カシオ)で迷い、結局今まで使っていたキーボードと同じメーカーのCASIO(カシオ)にしました。

楽天スーパーセールで買ったもの。2017年3月。電子ピアノ、ジェルネイルキット、日用品など。
3月4日(土)から楽天スーパーセールが開催されています。 3月9日(木)01:59までなので、開催は今晩の夜中までということでもうすぐ...

CASIO(カシオ)にした決め手は?

決め手は、やはり慣れ親しんだCASIO(カシオ)というブランド名お値段の手頃さです。

YAMAHAやKAWAI、ROLANDは、機種にもよりますが〇十万円のものなどもあります。

その点、CASIOは5万円台~とお手頃価格でありながら、口コミ評価も良いという印象があり。

電子ピアノは、電化製品と同じく消耗品。

10年ぐらいを寿命と考えると、まだピアノを始めたばかりの子供には、安価でも機能が備わったピアノであれば十分ではないかと判断しました。

レッスンを重ねて、曲を自在に演奏できるようになり、音にこだわりが出てきたという位まで上達してくれたならば、その時になって上位機種を考えてもいいかなと。

ピアノ本体、高さ調節椅子、ママ用椅子、ヘッドホンがついて、

65,800円(税込)でした。

→現在は、新機種「PX-770」発売中。

セット内容

他のサイトで高さ調節できる椅子がついていないものはもう少し(1万円程)安いのですが、どちらにせよ高さ調節できる椅子を購入することになるのでセットになった物を購入。

島村楽器のオンラインショップ(楽天)だと、高さ調節椅子に加えてとなりに座るママ用椅子(高さ調節機能なし)もついてきたのも、選んだポイントのひとつです。

今まで手持ちのキーボードを弾くときは、ダイニングテーブルの子供用椅子と、折りたたみ式の簡易椅子を使っていました。ピアノ専用の椅子は高さが調節できてやはり使いやすいです!

【追記】(2018年05月06日追記)

CASIOのPrivia・PX-760の後継品として、新しくPX-770という機種が発売されています。

PX-760との違いは、

・お値段75,800円(税込)

70,200円(税込)に値下りしています(島村楽器)

音色のバリエーションが18音色から19音色へ

スイッチ操作部を左端に集約、鍵盤周りもスッキリ

スッキリ操作部

新しい機種はお値段が少しアップしていますが、機能や使いやすさがさらに進化しています。

【追記2】

同じ新機種PX-770で島村楽器よりもお値段が安いところをみつけました。

※ただし、島村楽器と違うのは「ママ用イスが折りたたみ式」であることと「ヘッドホンがついていない」こと。

CASIO(カシオ) PX-770 BN 【オークウッド調】お得な高低自在椅子&X型イスセット!【配送設置料無料】【電子ピアノ】

69,800円(税込)

※現在、楽天ポイント10倍で6980ポイント付与されるので要チェック!

実際に届いて組立てました

電子ピアノと椅子のセットは、大きな段ボール二つになって届きました!

自分で組み立てる(と言っても鍵盤は既に完成していて土台の部分だけの組み立て。)セットなので、届いてから1時間ぐらいは組み立て作業(私一人で(^▽^;))の時間がかかりました。

子供は、完成に近づくにつれて興奮気味(笑)

早く弾きたくてうずうずしていました。

完成品がこちら!

※画像にある緑色の冊子は、カシオの電子ピアノについてきた楽譜の本です。どれも有名曲ばかり。

電子ピアノ本体の奥行が30センチ弱なので場所も取りません。狭い部屋に置いても圧迫感ナシ

実際に弾いてみた感想

実際に弾いてみた感想ですが、まず鍵盤の重みが本物のようです。

前日までキーボードを弾いていたのでそれと比べてしまっているからかもしれませんが、当たり前ですが音の強弱もしっかり付くし、鍵盤の押しごたえがかなりあります

それと、音がよいです。弾いていたら、本物を弾いているかと錯覚しました。(※一個人の感想です)

ピアノを始めたばかりの子供の練習用としては十分すぎるぐらいだと感じました。

音色は、普通のピアノの音の他にも、グランドピアノの音色やオルガンの音色・木琴など色々な音で弾ける機能があるのと、録音機能やメトロノーム機能ももちろんついています。

付属のヘッドホンは、最初は少し頼りない(壊れそうな)デザインだと感じましたが、実際に使っていて全然壊れず丈夫です!音もしっかりと聞こえるし問題なし。

電子ピアノ選びの参考にしたサイト

電子ピアノは、ピンからキリまであって、実際に店舗で試し弾きしてもそこまでピアノに詳しくない者にとってはよくわからない。。

やはり、それぞれの電子ピアノの特徴を比較したサイトや、商品の口コミが載ったサイトが非常に参考になりました。

はじめて電子ピアノ

電子ピアノをはじめる方・検討中の方へ、選び方や練習法、おすすめの電子ピアノなど、電子ピアノにまつわるお役立ち知識を伝えていきます

このサイトは、中古電子ピアノの買取や販売をしているMUSE(ミューズ)が運営しており、ヤマハ、カワイ、カシオ、ローランド、コルグなどそれぞれの電子ピアノメーカーの特徴がわかりやすくまとめられています。

価格.com

■最安価格(税込):価格情報の登録がありません ■価格.com売れ筋ランキング:-位 ■満足度レビュー:4.53(5人) ■クチコミ:54件 (※6月9日時点)

これは言わずと知れた比較サイトですね。このサイトのBBSでの口コミは、実際に持っている人や詳しい人の意見が満載で、買う前の参考になりました。

おわりに

今回、割とスピーディーな決断でカシオの電子ピアノの購入に至りました。

じつは初めは中古の電子ピアノを購入する予定でした。

しかし、電子ピアノは電子機器で、本物のピアノと違って寿命があるんだということがわかったので、どうせ使うのならば長く使いたいと、新品購入にしました。

届いてから、私も久々に楽しんで弾いています(*^-^*)

まだすべての機能を使いこなしていませんが、これから色々楽しめそうです。

電子ピアノ導入を機に、子供もさらに練習に励んでくれたらいいなと思います。

ついでに私も、趣味としてピアノを再開しているところです。

【関連記事】

「習い事は最低10年続けさせよ!」習い事を継続させる3つのコツ。
ダイヤモンドオンラインで「習い事は最低10年続けさせよ!」という興味深い記事を読みました。 現在、長男に習い事(ピアノ)をさせている親...
こどもに人気の習い事は?習うメリット・効果。選ぶ際のポイント3つ!
わが家の長男(年中)、毎日体力があり余っているので、週に一回運動教室に通わせています。現在、習い事はこの運動教室だけ。 教育マ...
【習い事】子どもがピアノを練習しない!そんな時は練習したくなる工夫をしてみる。
こどもがピアノを習い始めてから、約一年が経ちました。 【関連記事】 一年もやっていると中だるみなのか? 練習する量...

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

フォローする

*こんな記事も読まれています*