トイレブラシ何使ってる?スコッチブライト「使い捨て」タイプならいつも衛生的。使用感レビュー!

便利グッズ

トイレ掃除と言えば「トイレブラシ」ですが、衛生面で気になりませんか?

私は、掃除した後のトイレブラシをそのまま置いておくのが気になっていました。

そこで、昨年夏にトイレブラシは思い切って断捨離!

今は「使い捨て」タイプの【スコッチブライト トイレクリーナーを使っているので、レビューしたいと思います(^^)/

スポンサーリンク

【スコッチブライト】のトイレクリーナー「使い捨て」タイプ

初めて使う「使い捨て」タイプのトイレクリーナーは、スコッチブライト トイレクリーナーを選びました。

CMなどでよく見る「スクラビングバブル」のトイレに流せるタイプとも迷いましたが、

レビューなどを見て耐久性と汚れ落ちがイマイチだとわかり、今回のスコッチブライト トイレクリーナーを買うことにしました。


スポンサーリンク

【スコッチブライト トイレクリーナー】簡単!組立て手順

スコッチブライト トイレクリーナーは、ハンドルが最初分解されて箱に入っています。でも、組立はとても簡単。

そして、ハンドルには、取替式のスポンジをその都度取り付けます。

こちらもとても簡単なので説明するほどでもないのですが、せっかくなので手順をご紹介します(笑)!

ハンドルの組立(超かんたん)

こちらが、パッケージ。

 

使用方法を見ながら取り付けしていきます。

 

パッケージには、ハンドル1本、ハンドルホルダー1個、取替用スポンジが15個入っています。

 

ハンドル部品とハンドルホルダーを取り出しました。

 

 

ハンドルの組立です。組立と言っても、ただ刺すだけ(^_^;)

 

スッとハマりました。

 

ハンドルを持つと、ちょうど親指あたりにスライドできるボタンがあり、それをスライドさせると…

 

スライドさせるとこんな風に先端(スポンジを取り付ける部分)が開きます。これで、使用済みのスポンジを直接手で触ることなくスポンジが外れ、ごみ箱にポイっと捨てることができます!画期的。

 

スポンジの取り付け(超かんたん)

次に、スポンジの取り付けをしていきます。

 

スポンジには洗剤がついているので、直接触らなくてもいいようにパッケージ袋の口を開けてそこからハンドルの先を差し込むだけでOKという作りになっています。

 

スポンジの細い側の方を破り、ハンドルを差し込みます。

 

取り付け完了!これでいつでもお掃除できます。

 

取替用スポンジの収納方法

15個入っていた取替用スポンジはこんな感じで収納しています。

この容器は、ダイソーに売っていたもの。

しっかり深さがあり、たくさん入ります。

スポンサーリンク

【スコッチブライト】トイレクリーナー比較・使用感レビュー

CMなどでよく見る「スクラビングバブル」の水に流せる使い捨てタイプとも迷ったんですが、レビューを見るとどうやらスポンジの強度があまりよくなく汚れ落ちもいまいちだとか…。

「トイレにそのまま流せる」というメリットがあるので、スポンジの強度はしょうがないのかもしれません。

 

 

それに対し、スコッチブライト トイレクリーナーの方は、スポンジ部分がしっかりしていてガシガシ洗えます。その分、「トイレに洗い流せる」素材ではないため別でゴミとして出す必要があります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、好みで選ぶといいかと思います。汚れ落ちを重視しているならば断然スコッチブライト トイレクリーナーです(^^)

以下に「スクラビングバブル」と「スコッチブライト」の違い・メリット・デメリットをまとめたので参考にしてみてください^^

「スクラビングバブル」と「スコッチブライト」の違い・メリット・デメリット

※以下の「」はメリット、「×」はデメリットの意

「スクラビングバブル」
スポンジをトイレに流せる
×スポンジが水を吸うと柔らかくなり汚れ落ちが弱め
「スコッチブライト」(今回紹介している商品)
スポンジがしっかりしているので汚れ落ちが良い
×スポンジが水に溶けないから別にゴミとして捨てる必要がある

上記のように比較すると、スポンジをそのまま流せるのは魅かれますが、汚れ落ちが悪いほうがストレスになりそう。

ということで、私の場合はスポンジをごみに捨てる際のビニール袋を用意しておく手間を承知で、汚れ落ちが良く丈夫な「スコッチブライト」のトイレクリーナーを選びました。


「スコッチブライト」トイレクリーナーを使用した様子

「スコッチブライト」トイレクリーナーを便器の中の水に濡らすと、スポンジに含まれている洗剤(青色)が溶け出してきます。

だから、トイレ洗剤要らず!

 

スポンジの変わった形状のおかげで、トイレのふちの見えない部分にもスポンジを入り込ませて、ゴシゴシ洗えます。

最初使い始めの頃は、今まで便器の溝をあまり洗えなかった分、スポンジに汚れが結構…すごかったです(^_^;) 今では定期的に溝をゴシゴシできるから、そこまで汚くならなくなりました!

掃除を終えたら、スポンジを要らないビニール袋に入れてゴミに出せば完了。

ハンドル部分は、ハンドルホルダーにそのまま置いておくか、ハンドルに新しい次のスポンジを装着してスタンバイさせておきます。

スポンサーリンク

おわりに

以上、スコッチブライトの使い捨てトイレクリーナーをご紹介しました。

以前はトイレ掃除のとき、変な虫でもついていないかと恐る恐るトイレブラシを触っていましたが、「使い捨て」にしたらいつも新しいスポンジを使えるから衛生的で安心して使用することができるようになりました。

トイレブラシに不満がある方、汚くて嫌だなぁ、トイレ掃除は気が進まない…と思ったことがある方!ぜひ「使い捨て」クリーナーを使ってみて下さい。

いつでもキレイなスポンジを使う快適さを手に入れられますよ~!

参考になれば嬉しいです(^^)


 

【エタノールスプレーの作り方】簡単で安あがり、家中これでお掃除・除菌しています。

にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす
にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ