【断捨離】「3人目」という考えを手放したら断捨離するものが結構出てきた。

わが家には2人の子供がいます。

私にとって、大切な存在。

ですが、時々「3人目」という言葉がチラリと頭をかすめることがありました。

スポンサーリンク

「3人目」を考えるのをやめたら物を手放そうという気に

「3人目」という考えが、頭の片隅にいつもうっすらとありました。

でも、最近ふと思ったんです。

2人にたくさんの愛情で育てることが最優先だ。

「3人目」のことに目を向けるより、目の前の子供たちのことを考えよう。と。

そう思ったら、これまで「もしかしたら次があるかもしれないし…」とふわっとした気持ちで持ち続けてきたベビー服やベビーグッズを、手放そうという気持ちになったのです。

決して無理やりに何とかして手放すぞ!という気持ちではなく、無理なく手放すことができました。

今後もし仮に3人目が出来た…ということになったら、その時はその時で考えればいい。

洋服もベビー用品も、おさがりを頂けばいいし、おさがりが無理ならレンタルもある。

無くても、どうにかなるものばかりです。

手放したベビー服・ベビーグッズ

収納ケースにずっとしまってあった新生児用のベビー服。

捨てたものは袋1つ分、リサイクルに出すものは紙袋1つ分でした。

この中でウェスにしやすそうな服は、はさみでカットしてウェスに。

ベビー服の中でも状態のいいものは、リサイクルショップへ。

その他、処分したベビーグッズは、

●ハイローチェア

●哺乳瓶一式

●搾乳機

●ベビーマット(お昼寝・おむつ替え用)

●鼻水吸い取り器

※画像は、鼻水吸い取り器。

大切な思い出は無理に手放さなくていい。少しだけ残しました。

とっておいた物の中から、ベビー服2着とエルゴの抱っこひもだけは、残しました。

★ベビー服…

2人の子供たちのどちらにも、新生児の時に着せたもの。出産した病院を退院するときにも着ていたものなので、思い入れアリ。

★エルゴの抱っこひも…

暑い日は汗だくになりながら、寒い日は防寒着で膨れて重くなりながらも、ずっとエルゴの中で私の体にぴったりとくっついて抱っこされていた赤ちゃん時代の子供たち。思い出すだけで懐かしく、ホンワカとした幸せな気分になります。

もう毎日のように抱っこして大活躍していたので、今や捨ててもいいほどにボロボロ。それでもこのエルゴは手元に取っておきたいと思えるものです。

これら2点は、手放すことに抵抗があったため、残すことにしました。

自分にとって大切だと思うものは無理に手放さなくていいということが、色々な断捨離本にも書いてありました。

私の大切な思い出に。。。手放そうと思える日が来るまで、持っていたいと思います。


おわりに

「3人目」があるのかないのかは、すごく曖昧でこればかりは授かりものなので、はっきりしない分モヤモヤした気持ちを持ち続けることになります。

今回「3人目」は考えないと決めて、モノも手放し、モヤモヤは無くなりスッキリとした気持ちでいます。

その分、しっかりと目の前の子供たちに集中して、大事に愛情を持って子育てをしていこうと改めて思うのでした。

また、使わないベビー品を処分して空いたスペースは、限られた収納の我が家にとっては貴重です。これから有効に使おうと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC

フォローする

こんな記事も読まれています
○●こんな記事も読まれています●○