スポンサーリンク

【断捨離】物に対する気持ちは年々変化していく。大量の本・マンガを「宅配買取」でさっさと手軽に処分!

断捨離

うちの夫が突然、

「決めた!本とマンガ、売る!」

と言い出しました。

 

ついにこの時が来たか。(笑)

この機会に本棚の断捨離祭りです!

 

突然「マンガ売る」と言い出した夫

夫、かなりのマンガ好き。そして読書好き。

その都度古い本はリサイクルショップの本コーナーに出していましたが、

学生の頃からずっと集めているマンガベルセルクや、

社会人になってからハマりだしたロードス島戦記シリーズ」ほぼ全巻、

そして、小説家・小野不由美さんの小説(内容は知らない)にも手を出したりしていました。

さらに、それらの本は一度読んでから読み返すことが殆どないのにも関わらず、絶対に手放したくないといった感じでした。

私も、「本棚のスペース取ってるだけなのにな~」と思いながら、そのままにしていました。

 

それが一変。

冒頭の発言です(笑)

「決めた!本とマンガ売る!」

 

何を彼にそう言わせたのかといえば、思い当たるのが、

私が実践中の断捨離【50回捨て】

【関連記事】

【断捨離】『50回捨て』第2弾スタート!「○回捨て」のやり方・ルール
※トップ画像はイメージです。 昨年実施していた『50回捨て』。 実際に50回、モノを捨ててみましたが、非常に達成感があったので今年もやります! それでは、2018年の『50回捨て第二弾』スタート! ・...

 

先日の連休に、本棚が置いてあるほぼ使わない部屋の押し入れの断捨離を始めたところ、

夫が先のセリフ(?)を言い放ちました。

 

私の反応はというと、

「そ、そうなの!」。

 

突然すぎてつまってしまいました(笑)

でも、じわじわと伝わってきましたよ、彼の本気度が!

私は「しめしめ」です(^^)

50回捨てをやっている「ついでに」と思ったのでしょう。

 

夫の気持ちが変わらないうちに、私も一緒に断捨離祭り開催です!

(その間、子供たちはテレビを見たりゲームしていてもらいました(^_^;))

量がかなり多いので『宅配買取』を利用

本の断捨離祭りを開催後、本棚から売りに出す本やマンガは、合計100冊になりました。夫の本以外に、私の本もいくつか入っています。

これを持って古本買取ショップ(ブックオフなど)に持っていくのはかなりの重労働。

宅配業者がおうちの玄関まで集荷に来てもらえる『宅配買取』を利用することにしました。

『ブックステーション』で断捨離を手軽に!



利用したのは、古本買取のブックステーション』。

 

ブックステーションは、

◆送料無料。段ボール無料、なんとガムテープも無料でついてくる!
◆振込手数料はブックステーションが負担してくれる!
◆荷物の到着後、最速2日以内に査定連絡~振込完了

と、宅配買取の流れは手軽で簡単です。

参考:他の買い取り業者ですが、以前ゲームソフトやDVDを宅配買取したことがあります。

【断捨離】ものを減らせて小銭も稼げる「宅配買取」を利用してみた!査定価格を公開。
先日、断捨離で出た夫のゲームソフトと私のDVDを宅配買取に出しました。 【関連記事】 この記事を書いた数日後、品物を段ボールに詰めて、 DVD/CD・ゲーム・古本の買取専門店【メディア買取ネット】に送りました。 ...

 

さっさと大量の本を断捨離するのに非常に便利

段ボール1箱分、全部で100冊の本・マンガを集荷に来てもらい郵送しました。

果たして宅配買取の査定額はいくらになるのか??と最初は買取金額に気を取られていましたが、夫がこんなことを言いました。

「ごみを出すにもお金がかかるんだよ?部屋もスッキリしたんだから1円でももらえるだけありがたい」

と断捨離神のような言葉を言ったのです(笑)

ただ捨てるよりも少しでもお金として戻ってきてくれればありがたいですよね!素直にそう思うことにしました(笑)私、まだまだですね…!!

さっさと大量の本を処分したい!という場合は、このような宅配買取がとっても便利です~。

おわりに

夫が学生時代から大事に集めていた(現在も連載中の)マンガまで手放そうという気持ちになった心境の変化。

人の、物に対する気持ちは、その時代、その年代で変化していくものだということを改めて感じました。

いまこの時に必要でないものを置いておく・しまい込んでいても、スペースの無駄になってしまう。

周りの環境にはできるだけ「現在必要なもの」に囲まれているのが理想だなと思うのでした。

【関連記事】

【断捨離】ものを減らせて小銭も稼げる「宅配買取」を利用してみた!査定価格を公開。
先日、断捨離で出た夫のゲームソフトと私のDVDを宅配買取に出しました。 【関連記事】 この記事を書いた数日後、品物を段ボールに詰めて、 DVD/CD・ゲーム・古本の買取専門店【メディア買取ネット】に送りました。 ...