【Kindle(Newモデル)】を1ヶ月使ってみて感じるメリット・デメリット。

少し前になりますが、電子書籍リーダーKindle(キンドル)を購入しました。

55%OFFで3980円!Kindle (Newモデル)を注文してみました。春のタイムセール祭りは本日(4/2)まで!
只今Amazonでは、春のタイムセール祭り実施中。(~4/2 23:59まで) ⇒Amazon春のタイムセール祭りへ タ...

これまで約1ヶ月ほど使用していますが、気づくと手に取って読書をするようになり、

読書へのハードルがかなり下がったのを感じています。

今回は、電子書籍リーダーKindleのレビュー、Kindleのメリット・デメリットなどを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

電子書籍リーダーKindleを開封した時の画像

私が購入したのはこれ。

Kindle(Newモデル)Wi-fi、ブラック、キャンペーン付モデル

まず届いたときの状態です。

水色の箱のカバー(画像右)を外すと、このようなしっかりとした黒い箱に入っています。

開けたらkindle本体がお目見え。

kindle本体を取り出すと、下に説明のイラストが書いてある紙と充電などに使うケーブルが収められています。

持つと、こんなにコンパクト。そしてすごく軽い。

文字もクッキリ。

※子供の足が映り込んでいます。

1ヶ月使ってみて感じるkindleのメリット・デメリット

Kindleを使ってみて感じたメリット・デメリットをいくつか挙げてみます。

メリット

●軽い持ち運びやすい

→161gという軽さ。

●薄くて持ちやすい

→文庫本より少し大きいサイズ。軽くて薄いから片手で持っていても疲れないです。

●目が疲れない

ブルーライトが無いから、目に優しく疲れません。

●電池が全然減らない

→1回充電したら、私の場合は2週間ほど持ちます!

●安い(Amazonプライム会員の場合いつでも4000円オフで買える)

→Amazonプライム会員はいつもクーポンで4000円割引価格に。プライム会員年会費が3,900円なので、年会費分取り戻せますね。(時々タイムセール等で4000円以上の割引になることもあります!)

【関連記事】

私が年会費3900円のAmazonプライム会員を継続する理由。
Amazonプライム会員になってから、今年で2年目。 プライム会員は、年会費3900円と一見高く感じますが、 それでも私がAma...

●読みたい本を今すぐ読める

→kindle本に限らず、電子書籍は「これ読みたい!」と思ったらその場ですぐ読めるのが非常に便利。

●屋外でも快適に読める

→端末画面は光に反射しない素材なので、屋外でも快適に読めますよ。

※写真は公園(砂場)にて読書したときのもの。

●対象本の中から月1冊無料で読める(オーナーライブラリー)

→Amazonのkindle本の中の対象本の中から、好きな本1冊を無料で読むことが出来ます。

(注:すべての本が対象本とは限りません。)

●帰省や旅行の隙間時間にも最適

→帰省の際じじばばが孫を見てる間にできた自由時間にはkindleで読書。

また、旅行の際の乗り物(電車、バス、飛行機など)での移動中、kindleにダウンロードしておいた本を読むのにいいですよ。(車移動の場合は、車酔いにご注意ください(^-^;))

デメリット

✖雑誌などカラーのものを読むのに適さない(白黒になる)

→白黒なので、カラーページも白黒に。雑誌やムック本は写真がほどんどなので、kindle端末で読むのには向いていません。

ページもいちいち読みたい部分をズームしたりなどしなくてはならず、読みにくい…。

kindle本の雑誌などカラーものを読みたい場合は、スマホやタブレットにkindleアプリをダウンロードして見れば、快適に読めます。

マンガは巻頭カラーの場合も白黒になる

→私はカラーじゃなくても気になりませんが、巻頭をカラーで読みたい場合はFireタブレットやkindleアプリを使ってスマホやタブレットで読むことをお勧めします。

kindleの場合、マンガの表紙はこのように白黒になります。

巻頭カラーページはこんな感じ。

私は、特に見にくいというのは感じません。夫も、文句を言わず読んでいます(^^)

※画像のマンガは、夫が愛読中の東京喰種トーキョーグール:re の1巻目です。(只今期間限定で1巻だけ無料で読めます)

東京喰種トーキョーグール:re 1

✖見た目がおもちゃっぽい

→本体はプラスチック製なのでおもちゃっぽいのは否めません。

が…パッと見は安っぽく見えません。軽さの秘訣はプラスチックという素材のおかげなので逆にメリットと言ってもいいかもしれません。

✖暗いところで読めない

→バックライトが無いので、明るい場所での読書が基本になります。

私は夜寝る前に布団の中で読書する習慣がないので(寝かしつけで実質的に出来ない)、バックライト無しというのは問題なしですが、

寝る前の読書が習慣・暗い場所で読みたいという方はバックライト有モデルのkindle(Kindle Paperwhiteあるのでそちらがおススメです。

おわりに

Kindleにはメリット・デメリットがありますが、総じて購入してよかったです

本は場所もとるし管理も大変だし、持ち運ぶときに重い。

kindleなら、この部分を解消できます

何より、kindleを購入してから読書のハードルが下がり、読書する時間が格段に増えました

それほど手軽に手に取りやすく、日常使いしやすい商品ということですね。

元々、「本を読むなら紙」派だった私ですが、電子書籍リーダーの便利さを知った今、こんなことならもっと早く購入しておけばよかったな~と。

これからもkindleで電子書籍ライフを楽しんでいきたいと思います(^^)

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC

フォローする

こんな記事も読まれています
●こんな記事も読まれています●