夏は虫よけ対策必須!生後6ヶ月から使える『パーフェクトポーションアウトドアボディスプレー』が効果あり

夏につきもの、『蚊』よけ対策していますか?

夏休みには実家に帰省したり、キャンプなどレジャーに出かけるご家庭が多いかと思います。

わが家も夏休みは田舎に帰省していたのですが、そこで悲劇が起きました。

顔の目立つ場所(まぶた)を『蚊』に刺されてしまいました…

どうなったかというと、まさに「殴られた後のボクサー」(笑)

おかげで友達とのお出かけもキャンセルし、私だけ家に引きこもるという…泣

そんなことにならないためにも、これを読んでいる方はぜひ『蚊』対策を忘れずにしてくださいね!

以下では、虫よけに含まれていることが多い「ディート」不使用の「虫よけスプレー」をご紹介します。生後6か月の赤ちゃんにも、安心して使えます。

スポンサーリンク

『蚊』よけ対策をするとしないとでは大違い

そろそろ蚊の季節。

昨年は油断して、虫よけ対策をしなかったばかりに、大変な目に合いました。

『蚊』対策を全くしなかった結果…

まぶたをに刺されて腫れてしまいました。

殴られたボクサーのように腫れてしまいました…

実はまぶただけではなく、

足に二カ所、腕も一カ所、刺されました。

夜中3時ごろ、顔(まぶた)が刺されたのに気づいて起きて、

「うわー!!」と1人鏡を見ながら叫び(夜中なので小さめに)、

虫刺され部分を水で洗って虫刺されの薬をつけて、

気付いてすぐに虫除け対策!結果、子供たちは…

自分が蚊に刺されたのに気づいてすぐ、部屋に蚊取り線香を焚いて、

さらに虫除けスプレーを全身につけました。

寝ている子供達にも、腕や足にシュッシュッとスプレーを。(熟睡してました)

その時に使ったスプレーはこれ。

このスプレーは、よくある虫よけスプレーに含まれているディートが無添加

天然成分100%なので、子供にも安心して使えます。

(生後6か月~の赤ちゃんにも使えます)

容器もおしゃれ。

翌朝どうなったか見てみたら、虫除け対策を行った子供達には被害はなかった模様

やはり、虫よけ対策するのとしないのでは、全く違います(当たり前ですが)。

顔を刺されると出かけられない。虫除け対策はしっかり!

実家にいるということで、油断しておりました…そういえば、実家は自然いっぱいの中にあるんでした。蚊はそこら中にいます。

足や腕ならまだしも、顔だけはほんとうにやめて欲しいです(>_<)

前回刺されたときは、まぶたの腫れが引くまでは出かけられず家に引きこもりました。

せっかくの夏休みの帰省だったのに…(涙)

(まぶたの腫れは、2日ほどで治まりました。)

私のような悲惨な目に合わないためにも、

「夏の虫よけ(蚊)対策は、しっかりやろう!!」

夏本番前に、蚊よけ・虫よけ対策の準備をしておきましょう。

といっても、虫よけスプレーやノースマット、虫刺されの薬を用意すれば十分です。

わが家は、今年の夏の帰省の際は、虫よけ対策グッズを準備して万全の体制でいく予定です。

ノースマットは、昨年実家には持って行かなかったので、今回もちろん持参!

虫よけスプレーは今回ハッカ油で手作りしたものも持っていきます!

【関連記事】

【ハッカ油スプレー】の作り方、使いみちと注意点。夏は虫除けスプレーに◎掃除にも◎
『ハッカ油』をご存知ですか? 私がハッカ油の存在を知ったのは、数年前の夏に帰省した際。 近所を散歩しようとしていた時に、 ...

それでも虫に刺されてしまったら、仕方がありません。効果のある薬でかゆみを少しでも抑えます。

おわりに

蚊に刺された時のあの腫れとかゆみは、いつになっても不快です。。。

特に、子供は発汗が多く蚊に狙われやすいので、

少しでも刺されないよう、親の私たちが『蚊』対策してあげましょう(^^)/

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

フォローする

*こんな記事も読まれています*