ショック!UGGブーツに水シミが。簡単に目立たなくする方法は?

昨年の雪が降ってすぐ溶けた日。。。

まだ購入して一年も経たない新品のUGGのブーツを、雪が溶けて地面がべちゃべちゃ水っぽくなった日に履いてしまって…

乾かすとこうなりました(;_;)

※まるで濡れているように見えますが、カラッカラに乾いています。

特に写真向かって右側のつま先部分がすごく濃くシミになってしまっていて。ショックで玄関にしばらく放置…

しかし、こんな状態では履いて歩けないけど、UGGを履く日と履かない日では足の温かさが全然違うんです。

私は、足が冷えるとお腹を壊す傾向のあるので、やはり寒い日はUGG履いて出かけたい!

そう思い、UGG歴の長い友達に聞いてみたところ、意外と簡単にシミを薄くすることが出来るというではないですか!(もっと早く聞けば良かった(^_^;))

今回は、その水シミを薄くする方法をご紹介したいと思います。すごく簡単でした!

スポンサーリンク

水シミを薄くする方法

【用意するもの】

・水に濡らして絞った布

→色移りするので汚れてもいいものを。(私はウエスを使用)

・ブーツの下に敷く新聞など

【やり方】

① 濡らして絞った布でブーツをポンポンたたきながら全体に水分を馴染ませる。(まんべんなく!)

《ポンポンと叩いていきます。結構根気が要ります。》

《布に色移りしています。》

② ブーツ全体が水で濡れた状態になったら、日陰で自然乾燥させる。(注※ドライヤーなどで乾かさないこと)

《向かって右が濡れた布でポンポンした方。左側はまだポンポンしてない乾いた状態。》

③ まだシミが目立つ場合は、再度同じく水で濡れた布をポンポンたたいて水分を馴染ませ、自然乾燥させる。

BEFORE→AFTER画像

水シミがついている写真と、水シミが薄くなった写真を比較してみます。

【BEFORE】

【AFTER】

どうでしょうか?だいぶシミが目立たなくなりました!(BEFORE→AFTERで色味が違うのは撮り方の関係です)

ブーツの向かって左側はほぼ元通り。

向かって右側はまだ若干色が濃いですが、BEFOREのようなクッキリした水シミ跡は無くなりました。

外に履いていける状態になりました。

これで足元も冷えずに済みますo(^▽^)o

最後の仕上げも忘れずに

もう一つ忘れてはいけないのが、防水対策!

また水シミを作らないために、防水スプレーをかけておくと安心ですよね。

うちには100均で買った防水スプレーしかないので、今回アマゾンでムートン専用の防水スプレーを注文しました。

3M スコッチガード 防水・防汚スプレー スエード靴専用 170ml SG-P170 スエード

¥ 1,296 通常配送無料

++++++++++++

お気に入りのUGGブーツ。

水シミが出来た時はショックが大きかったけど、意外と簡単に元通りに近づく事が出来て一安心!

雨の日などの地面が水っぽい日は、出来るだけ外に履いていかないようにしたいと思います(^_^;)

UGGブーツは本革を使用しているので、ケアさえしていれば長く使えます。大事にケアしながら、少しでも長く履き続けていきたいです(*^^*)

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする