スポンサーリンク

育児に疲れているママへ。世界中が涙した『最後のとき』

自己肯定感を高める

少し前の話ですが、パソコンの前で号泣しました。

それは、ある詩を読んでのことなのですが…涙せずにいられませんでした。

 

数年前からfacebookなどのSNSで広まっているという詩です。

世界中のママたちから、深く共感を得られているとのことで読んでみたところ、

もうがっつりと私の心に刺さりました。

「育児がつらい。疲れた。」

そんなママは、ぜひこの詩を一度読んでみてください。

 

The Last Time(最後のとき)

題名は「最後のとき(The Last Time)」

引用元:bellbebes

 

日本語訳はこちら↓

「最後のとき(The Last Time)」

 

赤ちゃんをその腕に抱いた瞬間から 

あなたはこれまでとは全く違う人生を生きる

以前の自分に戻りたいと思うかもしれない

自由と時間があって 心配することなど何もなかったあの頃の自分に

今まで経験したことがないほどの徒労感 毎日毎日まったく同じ日々

ミルクを与えて背中をさすってやり おむつを替えては泣かれて

ぐずられて嫌がられて 昼寝をしすぎてもしなくても心配で

終わることのない永遠の繰り返しに思えるかもしれない

だけど忘れないで……

すべてのことには、「最後のとき」があるということを

ご飯を食べさせてやるのはこれが最後、というときがやってくる

長い一日のあと子どもがあなたの膝で寝てしまう
だけど眠っている子どもを抱くのはこれが最後

子どもを抱っこ紐で抱えて出かける
だけど抱っこ紐を使うのはこれが最後

夜はお風呂で髪を洗ってやる
だけど明日からはもう一人でできると言われる

道を渡るときには手を握ってくる
だけど手をつなぐのはこれが最後

夜中こっそり寝室にやってきてベッドにもぐりこんでくる
だけどそんなふうに起こされるのはこれが最後

昼下がりに歌いながら手遊びをする
だけどその歌を歌ってやるのはこれが最後

学校まで送っていけば行ってきますのキスをしてくる
だけど次の日からは一人でだいじょうぶと言われる

寝る前に本を読み聞かせて 汚れた顔をふいてやるのもこれが最後

子どもが両手を広げて あなたの胸に飛び込んでくるのもこれが最後

だけど「これが最後」ということはあなたには分からない

それがもう二度と起こらないのだと気付くころには
すでに時は流れてしまっている

だから今、あなたの人生のこの瞬間にも
たくさんの「最後」があることを忘れないで

もう二度とないのだと気付いてはじめて
あと一日でいいから、あと一度きりでいいから、と切望するような
大切な「最後のとき」があることを

(日本語訳引用:ママスタセレクト

いつかくる「最後のとき」

子育てを経験したことのあるママなら、思わず涙せずにはいられない……。

その通りでした。

もう、自分の状況と重ね合わせてしまって、号泣です。(今もまた涙が・・・)

 

うちの長男、朝の動作が非常にスローで出かける準備がなかなか進みません。

服を着るのももたついて、まだ手伝いが必要だったり、朝ごはんも全然手を付けなかったり。

私は急いでいる時など、どうしてそんなに遅いの?!と、

イライラした態度をとってしまったり、

早く!!と怒ってしまったりしているけど・・・

そんなふうにできない時期なんて、一瞬なんですよね。

怒る理由なんて何もないのに。

これまでの自分に、反省しきりです。

 

赤ちゃんの時から今までの数年間で、

時間はかかっても一つ一つ、できない事ができるようになってきました。

そのたびに、夫婦で大喜び。

けれど、それが当たり前になって、次第にまた新たなできない事に直面して。。。

 

早くなんでも出来るようになってほしいと願っていましたが、

「最後のとき」というのはいつかきて、親の手を離れるときが来るんですよね。

そうなったらそうなったで、

その時のことを想像するとものすごく寂しい気持ちになります。

調子の良いことですが・・・

子供たちと「いま」を大切に過ごしていこう

育児って悩みも尽きないし、大変で疲れるけれど、ほんとうにあっという間に過ぎていきます。

子育てに疲れたといっても、それは短い子育て期間のうちのほんの一時の事かもしれない。

子育て期間が終わった後に、こうすれば良かったと思っても、もう時間は戻らない

後悔しないよう、目の前のこの子たちをしっかり見ていよう。

叱っている時間よりも、笑顔になっている時間をたくさんにしたい

小さいうちの限られた、可愛くて貴重な今まさにこの日々の一瞬一瞬を、

大事に大切に過ごしていきたい。

「最後のとき」を読んで、そう思いました。

 

 

【関連記事】

そのままの子供を信じるという事。人は、期待されたように育つ。
私は、親(母親)に否定されて育ちました。 たとえば、「将来~になりたいな」とか「~したいな」「~欲しい」と言えば、 頭から「それは良くない」「する必要ない」「そんなのは要らない」 と、よく否定されてきました。(芽を摘まれた...
産婦人科医に教わった「親が子供に教えなくてはいけない事」「親が気を付けるべきこと」「子供の学習・教育のこと」。
数年前、子供を産んだ産婦人科医院での産後一カ月検診が終わった後、 同じく一カ月検診のママたちと一緒に産婦人科の先生からのアドバイス講義を受けました。 約2時間にも及ぶその講義では、非常にためになることを沢山教えていただき...
子供にイライラしてしまうのは、実は自分自身に対してイライラしている。イライラを対処する。
3年ほど前の2人育児始まったばかりの頃、 私はキャパを超え過ぎて、ずっとイライラガミガミしていました。 そんな状態から抜け出したくて、試行錯誤をくりかえしていた時期がありました。 そしてついに、実はこのイライラは子供が悪い...

This made us cry! Hold onto the little things everyone

Netmumsさんの投稿 2015年1月27日火曜日