どんどん話すための瞬間英作文トレーニング。やってみて感じた変化。

以前の記事に登場した本、どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

【中級】英語を自在に話せるようにする為にやる事リスト!
今年は英語をモノにする!という目標を立てました。 目標達成のために、出来ることを育児・家事の合間に細切れをフル活用して実践して...

英作文トレーニングし始めてから、10日が経ちました。

まだ10日間だけですが、実際にやってみてどうだったのか?

本の中身や英語習得具合などをレビューしたいと思います。やってみようか迷われている方に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

本の中身

目次はこのようになっています。

中身はこんな感じです。

見開き左側ページに日本語、右側ページに英語訳というシンプルな内容。

1ページにつき10本ずつの文章です。

英文自体は、中学1年生~3年生程度の簡単な文ばかり。

でも、いざ日本語を英語にしようとすると、言うのに時間がかかったり間違っていたり…「a」とか「s」を付け忘れてしまったりするんですよね(^-^;

英作文トレーニングの進め方

瞬間英作文は、中学生レベルのやさしい文章でたくさんの英文をスピーディに作るというトレーニング。

カンタンな英作文を大量に作る作業を繰り返すことで、脳に英作文回路を作っていきます。

瞬間英作文トレーニングは第1ステージ、第2ステージ、第3ステージの3つのステージがあります。

この本は、第1ステージ用のトレーニング教材とのこと。

第1ステージでは、中学生レベルの簡単な日本語を正確にスピーディーに英語にする能力の基礎を身に付けていきます。

それでは、瞬間英作文トレーニングのやり方です。

瞬間英作文トレーニングのやり方

①日本語文を見て英作文

左ページの日本語を一本ずつ声に出して英訳し、右ページの英訳で確認する。素早く英訳する。1文あたり10秒前後が目安。

②英文を見て答え合わせ

すぐに英文が出てこない場合は、考え込まずにすぐ右ページの答えの英文を見てOK。

③英文を口に落ち着ける

右ページの英文を見ながら何度も繰り返し声に出して音読する。

読みながらスラスラ言えるようになったら、今度は英文を見ないで何度か音読。自分の口に英文を覚えこませる。

④英作の流し

最後に左ページすべての日本文10本続けて声に出して英訳する。

サイクル法

ひとつのテキストを一回で覚えようとするのではなく、何回も繰り返すことで自然と長期記憶として定着させる方法で行います。

これをサイクル法と言って、1サイクル目より2サイクル、3サイクルと進むにつれてスムーズに英訳することが出来るようになります。

ひとつの本を繰り返し学習することで、効果が高まります。

サイクル法を実施する際には、本をいくつかの部分(セグメント)に分けて行います(セグメント分割)。

ひとつのセグメントのトレーニングを繰り返し(サイクル法)、完璧にこなせてから次のセグメントに移ります。

セグメント分割

テキストをいくつかの部分に分けてサイクル法で仕上げていく効率的な学習法がセグメント分割です。

この本の英作文トレーニングは、

Part1 中学1年レベル、Part2 中学2年レベル、Part3 中学3年レベル

の3つのPartに分かれているので、3つに分割してトレーニングしていくといいそうです。

ひとつのPartが全て終わったら、またPartの最初から同じトレーニングを繰り返すというのを数回(サイクル法)行います。ひとつのPartが完璧になったら、次のPartに移って、同じように英作文トレーニングをしていきます。

実際に英作文トレーニングしてみて感じた変化

ひさびさに日本語→英語と訳すというのを10日間欠かさず行ってみて、自分的な変化です。(現在Part1の2サイクル目です。)

・日本語を英語に訳すのがスムーズになってきた

・トレーニングをこなすごとに英訳するスピードが上がっているのがわかる

・英語を話すことに慣れたのか、日常の行動を英訳するように(簡単な英文ですが)

・英語の発音がこなれてきた

・英語を話すのが快感になっている

最後の、英語を話すのが快感になったという項目。

このトレーニングを通してあらためて、私は英語を話すのが好きだったんだなということを思い出しました。

英語を話している時は自分に酔いしれ、英語話せる人風になり切っています。でも英語の上達には、これ(なり切ること)って大事だと思います。

英作文トレーニングをやる前は、簡単な文章を訳していって意味あるのかな?と思いましたが、そのカンタンさが重要なのだということがわかりました。

簡単だと手軽だから続けようと思えるし、英訳しやすいから自信もついてもっとやろういう気になる。

やはりやっていて楽しいことが継続につながりますね。

私の場合、つまらないと睡魔との戦いになります(^-^; そして辛くなって途中でやめてしまう。

瞬間英作文トレーニングに載っている文は、経済用語とか小難しい英単語も無く、簡単な文章ばかりだから、やりやすいというのも楽しく続けられている理由かなと思います。

そして、繰り返すことによる「慣れ」ってすごいなと思いました。

たった10日だけど、英訳するスピードが上がっているのがわかります。

なかなか良い教材に出会えたなというのが素直な気持ちです。

この本で英作文トレーニングのやり方を習得したら、他の本でも応用できますね。

他の本と言っても、日本語訳→英語訳の両方が載っているような本。

中学1年~3年レベルの文章を完全にマスターしたら、徐々にレベルアップした文章にもトライしていきたいと思います。

【追記】

現在は、DUO3.0を使って瞬間英作文トレーニングをしています。


DUO3.0

子育て主婦でも勉強できる!細切れ時間を活用

英語だけでなくて、資格試験の勉強などでも言えますが、子育てしながらでも、案外時間を作ろうと思えば出来るものだなというのが今回やってみてわかりました。

実際に、英作文トレーニングを一日のうちどの時間でやっているかというと、特に決めているわけではありません。

子供が遊びに夢中になっている間に1ページ。

夕食作りで料理を煮込んでいる間に1ページ。

隙間隙間で1ページずつ入れていきます。

例えば一日にちょっとした時間が5回あったとしたらもうそれで5ページ終わります。

小さい子がいたり忙しくてなかなか勉強するのにまとまった時間が取れない場合は、細切れ時間の活用をおススメします。

塵も積もれば山となる!

関連記事:

子育て主婦のやり直し英語。まとまった時間がなくても日常に英語を取り入れる方法。

おわりに

今年の最初にかかげた目標に、「英語を自在に使えるようにする」というのがあります。

英語に関しては、なかなか出だしの良い年始となりました。

1ヶ月、2ヶ月・・・1年と続けていきたいと思います。

この勢いで、さらなる英語上達を目指します!

●この記事で紹介した本●

【Amazon】どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

【楽天】  どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

Amazonのベストセラー1位です。

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする