私の断捨離との出会い

私が断捨離と出会ったのは、1冊の本でした。

これまで、「捨てる」という発想がなかった私にとって、

その本を読んで知った「断捨離」はそれはもう、衝撃で。

断捨離の本を読んでから、ネットでも断捨離のことを調べたり、

色々なブログを読んだりして、私は物を減らすことを始めました。

これまで、家にあったたくさんの物は、

捨てたり、人に譲ったり、リサイクルショップに売ったりして、

何十袋、何十箱も処分してきました。

スポンサーリンク

断捨離をしてよかったこと

物を減らして、良かったのは、

「片付け・掃除がしやすい」

「小さなことで悩まなくなった」

「基本ネガティブだけど、ポジティブに考えられるようになってきた」

「毎日が、輝いて見えるようになった」(大げさじゃなく)

こう見ると、断捨離・物を減らすことは、

外的な部分だけでなく、こころにまでも大きく影響を与えてくれました。

自分に合った本に出会えた幸運

たった一冊の本で、これまで影響を受けてしまった私・・・

私の場合、本一冊読んだくらいでは、なかなか実践したりできないタイプなので(例えば口下手を治す方法、など)、

たまたま出会った本が自分にとってはドンピシャだったのだろうと思います。

そういう意味では、ラッキーでした。

断捨離は人生を変える

断捨離は、人の人生を変えるくらいの影響を与える可能性がある。と思っています。

もちろん、断捨離が合うかどうかは人それぞれですし、全ての人が断捨離するべきだとは思いませんが、

物を必要か、必要でないか、一つ一つ向き合って要不要を決定するという行為は、

人間関係や人生における重要な選択など、生きていく中ですべてのことに共通するのではないかなと思うんです。

物一つは小さなものかもしれませんが、

その一つ一つと対話する、といったら変ですが、

どう処理をしていくか考えることに慣れていれば、

自分の人生でのあらゆる選択の場面で、必ず役立ちます。

私が片付けが苦手だったのは、そういう優柔不断で決定することが苦手だったことが

一つの原因であると思っています。

【関連記事】

とにかく何か変化を起こしたかったら断捨離。
わが家は転勤族なので、数年おきに引っ越しがあります。 引っ越しのたびに物が減っていく、というのが理想・・・・ではありますが、 子...

断捨離に出会えてよかった

私が断捨離に出会ったのは、

現在5歳の第一子が生まれて少したってからなので、

5年ほど前になりますが、

「断捨離」に出会えてよかった。と、いま心から思います。

断捨離で沢山の物を捨ててきましたが、

まだまだ物は多くて、ミニマリストなんて雲の上のようですが、

これからも、物を少なく、できるだけシンプルに暮らすことを目指して

日々、断捨離に励んでいきたいと思います!

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする