お金の話をどんどんしよう、お金を引き寄せるために。

二冊の本、

なぜかお金を引き寄せる女性39のルール[ ワタナベ薫 ]』

金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密[ロバート・T.キヨサキ ]』

の中で、同じような内容の部分がありました。

それは、「お金の話をどんどんしよう」という内容でした。

スポンサーリンク

お金の価値観は、親から教わる

本でも触れられていましたが、

「お金の話をする」ということに対しての価値観は、親や育った環境から教わっています。

私の場合、親が何やらお金の話をしている時に、

「何の話?」と聞くと、いつも

「何でもないよ」
「○○(私)にはわかんないことだから」

と言われたり・・・

家には、小さな金庫があったのですが、たまに母が金庫を開けてごそごそと何かしているので、

「何探してるの?」というと、

「何でもないよ、あっちにいってて」

という対応をされていました。

お金のこととなると親が隠そうとしたり、

お金の話を子供に尋ねられたらうやむやにしたりいきなり話を変えたりする様子を見て、

直接「お金の話なんかしたらダメ」とか「お金の話をするのははしたないよ」などと言われたわけではないのに、

自然と、そう言われたも同様に受け取っていたようです。

子供心に私は、

「お金の話ってしないほうがいいんだな」

「お金のことは触れてはいけないことなんだ」

と、感覚で思うようになりました。

こうして、私はワタナベ薫さんでいう【お金のメンタルブロック】というのを形成してしまったのだと思います。

お金に対する価値観を変えていくため言葉や思考を変える

お金の事を話題にすることに罪悪感を覚える、つまりお金に対するイメージが良くない場合、

お金というものは寄ってこないそうです。貧乏なら貧乏なまま・・・。

親から受け継いだこのお金に対する価値観は、根深くて変えられないと思うかもしれません。

でも、実は自分で変えられるものだというのです。

お金の価値観を変えるには

お金に対する価値観を変えるためには、

言葉や思考を変えるだけでいいんです。

自分でするアファメーション=肯定的断言

例えば、「~だったらいいな」「~になりますように」

という希望じゃなく「~だ」「~です」と言い切ります。

いきなり「わたしは お金持ちだ」と言うのに違和感があるなら、

「私はお金持ちになりつつある」というふうに。

ネガティブな表現がある場合は、ポジティブな表現に転換していきます。

お金の話題をどんどんしていこう

お金の話をどんどんする人というのは、お金に対するイメージが良い、お金の話題を出すのに罪悪感がない人。

だから、自分で「お金が大好き。お金の話が好き」と公言するということは、

お金のメンタルブロックもない(又は元々なかった)状態。

つまりお金が入ってきやすい状態なのだと思います。

私はお金の話となると、いまだに躊躇してしまう部分があります。

でも言葉というのは非常に大事だというのは身をもって実感しているので、

まずは言動から!!

日常生活でもブログでも、お金の話題を話すことに罪悪感や悪いイメージが無くなるよう、

お金に対するネガティヴな言葉をポジティブな言葉に変えて、どんどんお金の話をしていこうと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC
こんな記事も読まれています
●こんな記事も読まれています●

フォローする