英語への「未練」を断捨離する

私は、もともと英語が好きで、短期留学したり、

社会人になってからはお金を貯めてワーキングホリデーに行き、

海外で少し働いたりなどもしていました。

帰国後、英語を使った仕事をしたいと思っていましたが、

仕事では英語はあまり使うことがありませんでした。

その後、結婚してからは細々と英語の勉強はしていましたが、

妊娠・出産すると英語とはほぼ無縁の生活を送っていました。

英語に触れていたのは、海外ドラマや、

子供と見るアニメの英語吹き替えや、英語の絵本を読み聞かせるくらいです。

そうこうしてるうちに次男の妊娠が分かり出産、英語に触れない生活が続く。

こどもの海外アニメや英語絵本を読んであげるときに話すくらい。

そして現在に至る、といった感じです。

英語は、使わないと本当に忘れるのが早いです。

なので、もう話そうと思っても

急には口から出てこないくらいのレベルになってしまいました。

スポンサーリンク

「いつか」のためにと英語教材を取っておいた

「海外にまで行ったのに、英語を生かせないの?」「海外には遊びに行っただけなの?」

「せっかく海外行ったのに、もったいない」

そんな風に自分を責めていたし、周りからそう思われたくないと思っていました。

そんな考えがずっと頭の片隅にあるから、英語教材を見るとそのことが一瞬頭をよぎって

そのたびに、心にチクリと痛みがありました。

それでも、「いつか英語の仕事するかもしれないし・・・」「子供の手が離れたら・・・」などと言い訳をして英語教材を取ってありました。

使わない教材を持っているのは「未練」から

でも。気づきました。

それって本当に英語を勉強したい、というよりも、

「未練」なんだって。

そして、「執着」「コンプレックス」でもあると。

本当にやりたいなら、子供がいても、時間がなくても、何とかしてやっているはずです。

うじうじ未練がましくしているよりも、いっそのことすっきり処分しよう。

そう思えたので、英語の教材は処分することにしました。

英語ができなくても、死なないし、自分の価値が下がるわけでもない

英語は、確かに今でも極めたい、という気持ちは持っていますが、

今はその時期ではない。

次に本当にやりたいという強い気持ちが持てたら、その時にまた買いそろえたりすればいいんです

「未練」を断捨離して思考もシンプルに

長らく気になっていたこの「未練」を今回断捨離!

本棚にたくさんあった英語の本がなくなり、スッキリ。

そうしたら頭の中で引っかかって気になっていたモヤモヤもスッキリ。

これからも、日々ひとつひとつのモノに向き合って、

物の量を減らすということだけでなく、

暮らしや思考もシンプルにすることを目指したいと思います。

ランキング参加中です
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC

フォローする

こんな記事も読まれています
○●こんな記事も読まれています●○