人間はみな不完全なんだと思えた話。夫の会社机の整頓

専業主婦をしていると、私の場合、社会との関わりが極端に少なくなり世界が狭くなっています。

社会に出ている人間(夫以外)に接する機会があまりにも昔過ぎて、旦那の仕事の話がいつも新鮮に聞こえて、とても興味深いです。

(私の場合、本当に、社会から断絶しすぎかもしれない…最近、そう感じています(^^;

子供が2人とも小学校に上がったら、働きに出ようかと考え中。)

うちの夫は、一般的なサラリーマンなのですが、職場の人間観察の話をたまにしていて、面白いなーと思いながら聞いています。

スポンサーリンク

会社には色々な人がいる

夫の会社には、、、

口が達者で賢くて努力家で、営業成績抜群のまさに理想の社員もいれば、

東大卒で知識が豊富、仕事は早いのにコミュニケーションが極度に苦手だとか、

顔が広く自己顕示欲の塊のような人、

しょっちゅうミスをして怒られるけど驚くほどハートが強い人とか、

中堅だけど後輩よりも仕事が遅くメンタルが弱い人、

人が良すぎてなかなか昇進しない人、

昇進したけど器が小さすぎて部下に見下されている上司(後日、降格したそう…)、

などなど、色んな人がいるそう。

人は見かけだけではわからない

よく聞く言葉ですが、

人は見かけによらない

というのを、話を聞いて感じました。

私は、後から会社の人の情報を夫に聞かされて、

「へぇ!あの人、ああ見えたけど、実はそうなんだー!」と驚くことばかりです。

そして、夫は

「一緒に働いてみないと、どういう人かとか仕事が出来る出来ないとか、わからない」

と言います。ごもっともです。

そういう部分は、やはり一緒の職場で時間を共有しないと見た目だけではわからない部分が多いということです。

もちろん、見かけ通りの人もいるかと思いますが皆、何かしら演じている部分、表に出していない部分があると思いますし、それが社会でやっていく術の一つでもあるのだと思います。

ちなみに、先ほどの、「昇進したけど器が小さすぎて部下に見下されている上司」のことを、私は、勝手に、感じがよくて仕事ができそうな人だと思っていました。

実際は、ネチネチしていて小言を言う割りに自分のミスを部下に着せるという器の小さい人でした。。。

みんな不完全な人間なんだ

人間は、一人一人、

長所だけじゃなく短所もあって、それが当たり前なんだ。

バランスのよい完璧な人間なんて、

いないのかもしれない。

でも、そんな完璧じゃない、人間臭いところがある方が、

味があって、その人の個性になっていくのだと思います。

【整理整頓のこと】机の上がキレイな人と汚い人の違い

急に片付けのお話になりますが、

こちらも興味深かったので書きたいと思います。

夫の職場での人間分析によると、

  • 仕事の出来る人は、机の上が綺麗に整っている、物が少ない
  • 仕事のできない人は、机の上が散らかっている、物が机からはみ出している

というのです。

机の上が整っている=思考の整理ができる・効率が上がる・仕事はかどる

机の上が散らかっている=思考も散らかっている・いつも気が散る・仕事が進まない

まさに、その通りだなと思いました。

ちなみに、夫は、上記の分析を元に、机の上はなるべく整えるようにしているそうです。

《追記》その後、夫は昇進しました!これはいろんな意味で机の上のキレイさと関係がある気がします。

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC

フォローする

こんな記事も読まれています
○●こんな記事も読まれています●○