【固定費削減】通信費の見直しに挑戦。mineo(マイネオ)について調べました。auのiPhone6がそのまま使えます。

私は、学生時代からずーっとauで契約しています。

ずっとauだったので、何の疑いもなく

機種変更したらそのままのプランで勧められるがまま申し込みをしていました。

現在使っているのはauのiPhone6。

通信料は、月々8276円(分割機種代含む)。

通話時間によってこれより高くなる時もあります。

スポンサーリンク

通信費が高いのがずっと気になっていました

現在、iPhoneの機種分割費用合わせて月額8276円なのですが、

正直高いなぁーとずっと思ってしましたが、

こういうのに疎い私はそのままなにもしていませんでした。

けれど、来月あたり更新月を迎えます。

この機会に、ちゃんと見直すことにしました。

機種代の支払いが終われば、月額4721円になります。

4721円ってスマホユーザーにしたら安い方です。(よね?)

しかし、これよりもさらに安く済ませたい。

こういう通信系にめっぽう弱い私ですが、

家計の節約のため、通信費を見直すのが一番手っ取り早い!

ということで、

今回重い腰を上げて、通信費削減の方法を調べました。

何やら、MVNO?が提供する格安SIM?というものを利用すると、

安くなるとのこと。

スマホを買い替えなくても、格安スマホとして使えるって?!

こんがらがりそうなので、整理しようと思います。

以下、格安SIM初心者の覚書です。

SIMカードとは

SIMカードとは・・・

GSMやW-CDMAなどの方式の携帯電話で使われている、加入者を特定するためのID番号が記録されたICカード。

参照:Wikipedia

つまり、スマートフォン、タブレット、携帯電話、モバイルWi-Fiルーターの中に入っていて、通話やインターネットをするのに必要な、契約者情報の入ったとても小さなICカード。

格安SIMとは

SIMカード

格安SIMとは・・・

SIMカードを使った低価格なインターネット・通話サービスです

参照:価格.com

格安SIMは、MVNO(※)と呼ばれる事業者が提供しているサービス。

※「MVNO」とは、携帯電話の回線を自社ではもたず、他の事業者から借りてサービスを提供する事業者のこと

携帯キャリア(auやdocomoなど)よりも安く、インターネットや通話ができるため、「格安」がつくそうです。

今持っているスマホをそのまま使える

iPhone6は、SIMフリー端末じゃないと格安には出来ないと思っていました。

前にサラッと調べた時は確かそうだったような・・・

しかし、どうやらSIMロック解除の手続きやスマホを買い替えなくても使えるようです!

【注意】au端末でも利用できない端末やSIMロック解除が必要な端末があるようです。

必ず申し込み前に確認を。

iPhoneに限らず、ほかのauのスマホ、docomoのスマホでも使える格安SIMを提供しているのが、mineoというサービス。

mineo(マイネオ)って?

mineoとは・・・

あなたのスマホのSIMカード(シムカード)を差し替えるだけで料金が安くなる格安スマホサービスです。

参照:mineo公式サイト

auとdocomoのiPhone6は、mineoのSIMに対応しているというのを公式サイトで確認しました。(残念ながらSoftBankのiPhone6は、格安SIMでは利用不可。)

ほかにMVNO業者は、UQmobileなどもありますが、

選択肢があると余計わかりにくくなりそうだったので、

私はmineoのみで検討しています。

どれくらい安くなる?

現在の通信料は、月額8276円(分割機種代含む)。

私の場合、タイミングが良いことに、

あと2か月分払えば機種代分割払いが終わるので

そうすると、月額4721円になる。

これを、mineoにすると…

【デュアルタイプ3GBの場合】

※デュアルタイプ…データ通信+090音声通話

auキャリア月額4721円

mineo月額1630円のみ

これに、通話料金がプラスされたものが月々かかる料金。

通話は家族以外ほとんどしないとしたら、

毎月、1630円のみです!

いくらお得になる?

機種分割払い終了後は月額4721円。

これを、mineoのauプランにすると年間でどれくらいお得になるのか、

計算してみました。

デュアルタイプ3GB(月額¥1510(税込¥1630))の場合】

※デュアルタイプ…データ通信+090音声通話

<月額料金>

月額4721円-月額1630円=3091円

→毎月、3091円節約できる!

3091円×12カ月

=1年間で37,092円のお得。

さらにここから、初期事務手数料やMNP(番号ポータビリティ)(現在利用している電話番号をそのまま引き継げる)の費用を差し引いたとしても、

37,092円-事務手数料3,240円-MNP転出手数料3240円

30,612円のお得!(全て税込み)

(※更新月でない月での解約には、このほかに解約手数料がかかります。要確認)

次年度から初期費用やMNP費用がかからないので、

格安SIMを利用すれば、毎年37,092円が浮くことになります

今までのスマホと違う点

今までのスマホより、格段に通信費の節約ができる格安SIM。

しかし、ただ安くなるだけというわけではないようです。
メリットとデメリットがあるのでそれも併せて確認。

メリット

  • 大手のau・docomoの回線を利用しているので、ネットや通話を快適に利用できる
  • 現在使っている電話番号もそのまま、他社からの乗り換え(MNP転入切替)が可能
  • LINEなど各種アプリも、今まで通り利用可能
  • とにかく安い

デメリット

  • 今使っているキャリアメール(@docomo.ne.jp・@ezweb.ne.jpなど)が使えない
  • かけ放題プランや家族間通話無料などが今のところ無い
  • 回線が混み合っている時間は、通信スピードが遅くなる場合がある
  • LINEのID検索ができない

デメリットにある通話料金がかかってしまうのは、

無料通話アプリなどで工夫するとして、

キャリアメールが使えないというのをどうするか・・・

これもmineoのサイトを調べたら、

mineoにお申し込みいただくと、標準で「XXXXX@mineo.jp」のメールアドレスを1つ発行いたします。

メールアプリにアカウント設定することで、mineo同士はもちろんのこと、他社携帯電話やパソコンに対し、メールを送受信いただけます。ご利用料金は無料です。

ただし、mineoのメールアドレスはPCメールと同等になりますので、他社携帯電話事業者のキャリアメールにメールが届かない場合があります。
この場合、相手先の受信設定(受信リストに「mineo.jp」を登録など)を行う必要があります。

参照:mineo公式サイト

mineo.jpでメアドが作れるようです!よかった・・・。

しかし、メアドが完全に変わるから、メアド変更しましたメールを一斉送信する必要がありますね。それと、このメアドはPCメールとしての扱いだから、PCからのメールを受信拒否している人がいる場合(私もその設定にしています)、届かない可能性もある。。。

これを機会に、アドレス帳の整理をしようかな。

結論:格安SIMに申し込む予定

格安SIMを申し込むとなったら、

携帯電話番号ポータビリティー(MNP)利用の場合、

MNP予約番号というのが必要です。(電話番号が変わってもいいという方は不要)

auの場合、電話かネットで取得できます。

詳しくは、公式サイトへ→MNP予約番号について

幸運なことに、2016年11月~12月が更新月なので、

来月になったら格安SIMに申し込もうと思っています。

今回とても勉強になりましたし、

確実に通信費を削減できることがわかりました。

まずは私が格安SIMを利用してみて、

快適さを確認できたら夫にも勧めてみようと思います。

夫婦で通信費を下げられたら、かなりの節約!

減った通信費の分から、温泉旅行1回分、余裕でねん出できる日も近そうです。

参考:au端末もドコモ端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC

フォローする

こんな記事も読まれています
○●こんな記事も読まれています●○