心屋流【お金と上手につきあう】5つのコツ!マインドが大切。

雑誌「CHANTO11月号」で、興味深い特集がありました。

「お金の不安が消えるたったひとつの習慣」と題した[大特集:お金]。

その中の

・お金と上手につきあう5つの心得

という記事に注目しました。

「自分の性格を変えることで問題を解決する」という性格リフォーム心理カウンセラーの心屋仁之助さん。

その心屋さんが「お金と上手につきあう5つの心得」によるアドバイスをメモ。

スポンサーリンク

1.お金を稼ぐために汗水流さない

お金をもっと稼ぐにはもっと頑張らなきゃ!と思いがちですが、それは

”ありのままの自分では稼げない”という根拠のない劣等感のせい

と心屋さん。

そんな劣等感があるから、自分を良く見せようと必死で、余裕がない状態なのだそう。まずはありのままの自分を認めて、劣等感を捨てることが必要。

好きなことをして余裕がある人のほうが、人もお金も集まってくるんだそう。

2.お金は貯めないでどんどん使う

私はこの(タイトルの)ような言葉を以前他の本で読んで「貯めないで使うなんて、信じられない…」と思っていましたが、最近ではその意味が少しずつわかってきた気がします。

心屋さんが言うように、

自分が使ったお金は誰かの収入になり、その人が使うことでめぐりめぐって自分や夫の給料に

という好循環になっていくんだと最近は思うようになりました。

逆にお金を使うのを我慢すると、不満が溜まり「お金さえあれば」と思いさらにお金を使うのを我慢する…というループにはまってしまうのだそう。

3.お金を使う時は”コスパ”を考えない

物質的な費用対効果ばかり優先して、ちょっとでも高いと似た安い方を買っていませんか

これは、以前の私そのものです。

関連記事:

【断捨離】押入れを占領していたガラステーブルを処分してスッキリ!
【断捨離】カラーボックスを処分。これからは持ち物に妥協しない

値段優先で妥協してものを買っていました。

そのような買い物の仕方を続けていても、

せっかくお金を使っても心が満たされず、逆にムダ使いに。

本当にその通りだと思います。心が満たされないから、また安い物を無駄に買い続けてしまうという。。

お金が多少かかっても、自分が本当に欲しいと思うものを見極めて、自分の心を満たすことが大切です。

4.子どもにはお金を惜しまずあげる

本誌では、”ムダ使いはダメ””やりたい放題してはいけない”という呪いをわが子にも継承しないために、

欲しがるものは多少価値観が合わなくても買い与えて。気持ちが満たされて、豊かな心の持ち主になります。

と言っています。

何でもかんでも買い与えるというのは出来ませんが、子ども本人が本当に欲しいと思っている物を適度なタイミング(誕生日やクリスマス、年末年始など)で買ってあげるというのは、嬉しくて楽しい思い出にもなるので、やはり必要なことですね。

関連記事:お金の価値観は親から教わります。

お金の話をどんどんしよう、お金を引き寄せるために。

5.自分はもっとお金持ちになるはずだと思いこむ

「収入が低い=自分の価値が低い」というのは間違い。

自分の価値が低いと思っているから、収入が少ないということなのだそうです。

「マインド」が非常に重要です。

自分にはお金持ちになる価値があると信じてお金を使うと、なぜかはわからないけれど自然と収入もふえます。

このマインド、大切にしたいです。

関連記事:

お金持ちの行動を真似していたら本当にお金持ちになる。

おわりに

これら5つの「お金と上手につきあう」コツ。

しっかり頭に留めておいて、今の自分のお金の習慣を見直しながらお金と上手く付き合って、お金持ちになっていきたいと思います!

*************

雑誌CHANTOは、ワーキングマザー向けの雑誌ですが、専業主婦の私でも参考になる記事が多く、興味深く読むことができました。

この雑誌は楽天マガジンの読み放題で読めるので、これから毎月読む雑誌の1つに取り入れたいと思います。

★今回の雑誌「CHANTO」は楽天マガジン」アプリで購読しています。

月額380円(税抜)200冊以上もの雑誌が読み放題です。

31日間0円で試すことが出来るので、そこでどんな感じかお試ししてからの申込をおすすめします!

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする