【断捨離】パラソル型洗濯物干しを捨て。ステンレスのピンチハンガーを新調

少し前まで、パラソルタイプの物干しを使ってました。

が、プラスチックなので劣化してしまい、パラソルの干す部分がポキポキと折れてきました。

↑イメージはこんな感じ(たぶん同じ商品。)

干す部分の根元がポキっと折れたまましばらく使用していましたが、折れた部分は斜めになって洗濯物が落ちたりと、かなり使いづらいのでストレスでした。

実際、使い物にならなかったです(^-^;

スポンサーリンク

プラスチック製の物干しは劣化しやすい

※写真はパラソル型物干しスタンドの足の部分のみ。

これまで、洗濯物を干すグッズには全くこだわりが無く、とりあえずたくさん干せて、値段も安いプラスチック製のものを選んでいました。

でも、プラスチック製って、劣化するのが早い!

このパラソル型の物干しの他に、もう一つ、洗濯物の竿にかけて使用するタイプの物干しを持っていてそれもプラスチック製だったのですが、使っていくうちにだんだんと枠が歪み始め、しまいには洗濯ばさみの部分がボロボロと取れていくという始末。

なので、プラスチック製のものは、必ず定期的に買い替えていました。使う環境にもよると思いますが、よくて1~2年、持てばいいかなと。

プラスチック+日の光=劣化 だなと思いました。

今度は劣化しないステンレス製にした

今度購入するときは、長持ちするのがいいと思っていて、以前から楽天のお気に入りリストにオールステンレスのピンチハンガー(洗濯物干し)を入れてありました。

それをこの機会に注文。

ステンレスピンチハンガー 44ピンチ
お値段、1680円(税込・送料無料)(2017/8/23現在の価格)。

ホームセンターで買うプラスチック製の2倍ほどのお値段。

でも、プラスチック製のものを一年ごとに一個買い替えると考えると、ステンレス製は長持ちするので2年以上使えることを考えるとすぐに元が取れてしまいます

それになんといってもまず、見た目がシンプルでオシャレ。洗濯もちょっと楽しくなります(*^^*)

洗濯物を全部はずしたのをそのまま部屋にかけておいても、生活感出過ぎない

ピンチ部分も挟みやすいです。

それよりなにより、洗濯物が乾いたらエイっと引っ張るだけで洗濯物が外れるから、いちいち洗濯バサミを掴んで外さなくていいのが楽。←これ、すごく快適&時短になります。

かなり気に入ったので、もう一つある手持ちの洗濯物干しが壊れたら、またこのステンレスピンチハンガーで揃えようと思います。

プラスチックより値段は張るけど、だいぶ長持ちしそうです。

消耗品だからと値段だけ見て買ったら、逆に出費となることがあります。この洗濯物干しがいい例。。。

すぐ壊れるものをたくさん買うより、最初だけ少しお金はかかるけど長く使える丈夫な品を選んだ方が、総合的にみたら節約になるんだなと、改めて感じました。

ひとつひとつのアイテムを、これからも見直しながら選んでいきたいと思います。

【関連記事】テープカッターも買い換えています。

【断捨離】100均のテープカッターを丈夫でシンプルなものに買い替え
子どもがよく、家でなにやら工作・制作するのに使うテープをカットするのに便利なテープカッター。 つい最近まで、100円ショップで買ったも...
お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする