【こども】幼稚園から帰宅後の時間を無駄にしたくない。子にとって有益な時間の過ごし方とは。

少し前ですが、ずっとモヤモヤしている時期がありました。

その原因は、わかっていました。

それは、子どもの、スポンジのように吸収力のある時期というのは、一生に一度。いましかないと思うから、焦っていたんです。

それなのに、日々のことでいっぱいで、子どもの事は後回しになっていて。

今こそ考えるべきだ。と思い、ノートに書きだして頭の中を整理。

なんとなく落ち込んでいる時。自分を元気づけるためにしていること。
なんだかわからないけどモヤモヤ、イライラ、落ち込んだ気分で元気が出ない。 人間生きているとそんな気分になる日もありますよね。。...

それから、真剣に子どものためにできることを考え、実行するようになりました。

スポンサーリンク

降園後の時間の有効活用を考える

上の子は、午後2時頃に幼稚園から帰ってきます。

毎日、降園してから自宅にいる時間は、完全に自由な時間。

ですが、全然時間の有効活用をしきれておらず、常々もったい無いな、この時間に何か出来るのにな、と思っていました。

だって、その時間に、何かをするかしないかで、数年後には、だいぶ差がついていると思うからです。

わが家では、幼稚園から帰宅後の自由時間を少しでも有益な時間にするために、親として何が出来るだろうか?ということを考え、実際にいくつか行っていることがあります。

帰宅後に出来る「子供に有益」だと思う取り組み

私はズボラですが、子どもの成長はあっという間。ズボラなんて言い訳してるうちに、すぐ大きくなってしまいます。

だから、子どものことだけは、ズボラ精神を吹き飛ばして、子どもにとって有益となりそうなことで、親が出来る事を色々と試みています。(まずは親としての希望なので、本人の意思も確認しながらやっています。)

もっとガッツリとやっている親御さんもいると思いますが、うちでは小学校低学年くらいまではゆるーく取り組んで行こうと思っています。

①習い事をする

今年の初めごろから習い事を検討し、現在は週2回習い事をしています。

【関連記事】

わが子にさせたい習い事。こどもに人気の習い事は?選ぶ際のポイント3つ
年中のわが家の長男、毎日体力があり余っているので、週に一回、運動教室に通わせています。現在、習い事はこの運動教室だけ。 教育マ...
こどもの習い事、決定。お金をかけるべき時にかけておく。
先日、無料体験を受け、習い事を始めることがきまりました! お遊びのような体操教室は、子供の体力発散のためにと見...

体操教室とピアノ教室。どちらも子供は毎週楽しみにしています。

体操教室は小さい子向けなので、小学校になったらかわりにサッカーかテニスを検討中。

ピアノは、ずっと続けてほしいです。

習い事は、教室に通わせる手間と、お金がかかるというのがネックですが、そこは子供の為とと割り切って、子供の可能性を広げてあげたいと思っています。

②やる気があるときにプリントを2~3枚

今は、無料なのに素晴らしい学習プリントのサイトがたくさんあります。

私が気に入っているのは、有名なぷりんときっずちびむすドリルという子どもプリントのサイト。

これらのサイトから、ちょうどいま興味があるジャンルのプリントを、あらかじめプリンターで印刷しておいて、さりげなく机に置いておきます。

ここで気を付けるのは、

●決して強制はせず、自然と習慣化させる。

●プリントをゲームか何かだと思わせる。

●1回につき〇枚だけ、と決める。もっとやりたいと言っても、やるのは次回に。

机にさりげなく置いておいて「これ面白そう!やってみる?」と聞いて、

乗り気だったらそのままやらせて、「えー」と嫌そうだったら引っ込めます。

あくまでも「遊び・ゲームの延長」としてプリントをやっていこうと心がけていきます。

まだ幼稚園生の段階で、「勉強、キライ!」というイメージを持たれたら、きっと後々大変そうなので…(-_-;)

プリントは、決して勉強じゃなく、遊び、ゲーム!というのを強調しています。

もっとプリントをやりたいと言うことがありますが、1回の枚数は制限してすぐできないようにすると、やりたい気持ちを維持できますよ(^^)/

③図書館通い

図書館には、当たり前ですが子供にとって魅力的な本が沢山あります。

子供が自分で選んできた本を見ると、私が思いつきもしないような意外な分野の本だなということもしょっちゅうあり、色々発見があって面白いです。

子どもにはそろそろ『図鑑』を買いそろえようと思っているところ。

一日1ページでも2ページでも自分の好きな分野のことを読んで、知識を自然と身に付けてくれたらいいなという淡い期待からですが。

子どもは、1つの事にハマると結構ブームが長いので、いつかブームが去るというのはわかっていても、何か興味を持ったことがわかったらその分野についての本や図鑑を何冊も集中的に与えることで、深い知識をつけていくのではないかと思います。

親が買い与えるものだけでなく、子供の興味に合わせて選んでいきたいので、興味のある分野を見極めるためにも図書館はすごく便利です!

図書館で過ごす時間は、結構有意義ですし無料なのでおススメです。

図鑑については、『頭がいい子の家のリビングには「辞書」「地図」「図鑑」がある』という本を本屋で見かけてから影響を受けています(笑)今度ゆっくり読んでみたいと思います。

知りたいと思ったらすぐ図鑑を開ける環境、というのが一番知識として定着しそうな環境だと感じます。

 塵も積もれば結構な量になる

上記のこと以外には、公園に行って遊んだり、水遊びをしたり、絵の具で遊んだりといったことをすることもあります。

いずれ小学校に入ったら『勉強』らしいことに触れていくので、いまはそこまでガツガツやらなくてもいいかなと思っています。

ただ、自由時間に何もしないでテレビを見て終わるだけにはならないよう、少しでもやれることはやるようにしたいので、ここは親の出番だと思います。(もちろん、テレビを楽しんでずっと見ている時も多々ありますが…。)

ほんの数ページ、やるか・やらないか。

ほんの数分、読むか読まないか。

ほんの数回、指を動かすか動かさないか。

このほんの少しの積み重ねが、1年後、2年後に「差」となって表れるんだと思います

子どもの貴重な吸収率の高いこの時期、ほんの少しでも取り組みを始めてみませんか(*^^*)

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC

フォローする

こんな記事も読まれています
○●こんな記事も読まれています●○