【IPO】メルカリ上場決定!当選本数多いので期待。ブックビルディングは6月4日~8日。→繰上当選無し(追記)

2018年5月14日、フリマアプリでおなじみの『メルカリ』の上場(6月19日)が決定しましたね!

『メルカリ』は、いつも不用品を出品するなどして利用している私。

【公開】フリマアプリ『メルカリ』『ラクマ(旧フリル)』の半年間の売上額は?!【招待コードあり】
フリマアプリ「メルカリ」「ラクマ(旧フリル)」を利用し始めて半年が経過しました。 不要なものがお金に代わり、そのうえ物が減らせて断捨離...
【メルカリ】初出品から1時間で5000円の売上!これはハマりそう。。
9月~12月の4カ月かけて10万円を貯める!という目標に向けて、 フリマアプリ「メルカリ」を利用した不用品処分&お小遣い稼ぎを始めまし...

ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるので、結構お世話になっています。

IPOの当選本数も多いので、今回のブックビルディングは期待を込めて申込します(*^^*)




メルカリ(4385)の情報

<東証マザーズ>評価:良い

ブックビルディング期間:

6月4日(月)~6月8日(金)

発行価格決定日(抽選日):

6月11日(月)

購入申込期間:

6月12日(火)~6月15日(金)

上場日:

6月19日(火)

取り扱い証券会社:

大和証券(主幹事)、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、みずほ証券、野村証券、マネックス証券、SBI証券、岩井コスモ証券、極東証券、カブドットコム証券

仮条件:

未発表

HP:

株式会社メルカリは "新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る" をミッションに、フリマアプリ「メルカリ」をはじめとしたサービスを日本とアメリカ、そしてイギリスで展開しています。

当たるといいな♪

『メルカリ』のように普段利用している企業でIPOが開始されると、より注目してしまいますし当選したいという気持ちが高まりますね!

『メルカリ』は、日本にとどまらず、アメリカやヨーロッパなど世界でも注目されていてダウンロード数は今すさまじいことになっています。

話題性もあるし、今勢いに乗っている会社だから、初値が上がるのは確実ではないかと期待されています。

IPOの当選本数も、大型案件なので多いから当たりやすい!

当選して初値で売却すれば、数万円~の利益が・・・!

今回は期待しています♪(宝くじ感覚)

【2018年6月11日追記】

※大和証券から申し込んだ「メルカリ」IPOの抽選結果は、

6月12日午前6時から確認ができるそうです!

【2018年6月12日追記】

抽選結果出ました!

補欠当選でした!補欠なのでまだはっきりしませんが…繰り上がりますように♪

【2018年6月15日追記】

大和証券の抽選…繰り上げ当選なし

という結果に終わりました(T_T)

ちょっと期待しただけショックです~・・・。

◎IPOの始め方

IPO株とは、新規公開株のこと。

IPO株を初値で売買することで、利益を得ることが期待できます。しかもリスクはかなり低い!

でも、誰もがIPO株を買えるというわけではありません。

ブックビルディングという抽選への申込があり、それに申し込んでから数日後に抽選日があります。その抽選日に当選結果が出て、当選した人だけが購入することができます

関連記事:POに初めて参加した時の記事

初!マネックス証券でIPO株の抽選に申し込み。当たりますように・・・

今回のメルカリでいうと、6月4日(月)~6月8日(金)の期間に「ブックビルディング」を行う必要があります。

IPOの流れ

【IPOの流れ】

①証券会社に口座を開設する

→SBI証券・マネックス証券楽天証券・SMBC日興証券など

②IPOの申込期間に申し込む(抽選)

→IPOを取扱いしている証券会社から申し込む

③抽選結果で当選したら、IPO株を購入する

→落選したらIPO株は購入できません

④上場日に売却する

…という流れになります。

落選した場合は申込金額はそのまま戻ってくるのでリスク無し。

しかも、当選したからと言って必ず購入しなくてはいけない物でもなく

上場企業の株の値上がりに期待できなければ、購入の申込をしなければ済む話。

(つまり当選しても購入する意思がなければ何もしなくてよい。)

私は、宝くじ感覚でIPOに挑戦しています!

口座開設しないと始まらない

とにもかくにも、証券口座を開設しないと何も始まりません。

IPOをやってみようかなと思っている方は、IPOの取り扱いの多い証券会社の口座を開設することをお勧めします。

ちなみに、私が現在口座を持っているネット証券会社は、

SBI証券、マネックス証券楽天証券、大和証券です。

特に、SBI証券やマネックス証券はIPOの取り扱いが多いので、申し込みのチャンスが多くなっています。

いつでもIPOに参加できるよう、口座は複数開設しておくのがいいですよ(^^)/

IPOを始めるならまずは口座開設から。

➡SBI証券



マネックス証券

楽天証券

【関連記事】

【本】『お金は寝かせて増やしなさい』(未読)を読んで一歩前へ進む計画。
このブログを始めたころから、ずっと「お金」のことを考えていました。 お金を増やす!と決意して色々と計画も立てました。 証券会社に...
お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする

*こんな記事も読まれています*