【IPO】来週ブックビルディング受付開始の企業3社!/IPOの始め方

日本郵政のPO(政府保有株式の売出)が開始されましたね!

2015年11月の日本郵政の新規公開株(IPO)は高い初値が付いたそうですね!(私はその時はまだIPOの存在さえ知らなかった…)

ただ、大量売出で当選しやすいようですが、IPOと違って買えば儲けが出るというわけではなさそうなので、躊躇しています。。。

さて、前々回のIPO記事で書いた『PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)』は、もちろん落選。。。

もう一つ、『壽屋(ことぶきや)』の抽選結果はこれからですが、いつも落選続きなので期待していません~(-_-;)
前々回の記事↓

【IPO】今週ブックビルディング受付開始の企業2社!
前回ブックビルディング参加申込した企業は、全て落選。。。 そして、また今週もブックビルディング参加受付開始の企業が2社です。 ...

来週はブックビルディング参加受付開始の企業が3社です。

再来週は9月最後の週ですが、今のところBB開始する企業は出ていない模様。

それでは来週のBB受付開始企業3社の情報です。

スポンサーリンク

来週BB申込開始の企業3社

9月は4週目。ブックビルディング申込開始の企業は3社。

ウェルビー(6556)

<東証マザーズ>評価は低め

ブックビルディング期間:

9月19日(火)~9月25日(月)

発行価格決定日(抽選日):

9月26日(火)

購入申込期間:

9月27日(水)~10月2日(月)

上場日:

10月5日(木)

取り扱い証券会社:

みずほ証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券、マネックス証券、エース証券、SMBC日興フレンド証券、岩井コスモ証券

仮条件:

未発表

HP:

障害者就職支援センターのウェルビーでは、障害者の方々に実際の就労で求められる能力を高めていただくため、1人1人のペースや個性に合わせた様々な就職支援サービスを提供しています。見学、体験については随時承っておりますので、ぜひ一度ウェルビーのサービスをご体感ください。

福祉系サービス。大型案件で供給が多いため、初値があがりにくいようですね。

大阪油化工業(4124)

<JASDAQスタンダード>評価は低め

ブックビルディング期間:

9月19日(火)~9月25日(月)

発行価格決定日(抽選日):

9月26日(火)

購入申込期間:

9月27日(水)~10月2日(月)

上場日:

10月5日(木)

取り扱い証券会社:

野村証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券、SMBC日興証券

仮条件:

未発表

HP:

大阪油化工業株式会社は「精密蒸留・精製」の専門メーカーとして幅広い分野における高難度の分離・精製を得意としております。研究用の小規模蒸留から受託による大規模の蒸留、小型蒸留装置の導入支援など精密蒸留に関するあらゆるサービスを提供しています。

MS&Consulting(エムエスアンドコンサルティング)(6555)

<東証マザーズ>評価は良くない

ブックビルディング期間:

9月20日(水)~9月26日(火)

発行価格決定日(抽選日):

9月27日(水)

購入申込期間:

9月28日(木)~10月3日(火)

上場日:

10月5日(木)

取り扱い証券会社:

SMBC日興証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、野村証券、SBI証券、マネックス証券、いちよし証券

仮条件:

未発表

HP:

覆面調査(ミステリーショッパー)国内最大の調査員数43万人、年間調査数63000店舗のMS&Consultingは、覆面調査(ミステリーショッピングリサーチ)を通じて、あなたの企業・お店のCS(顧客満足度)を向上します!覆面調査にとどまらず、従業員満足度調査、コンサルティング、社員研修、教育プログラムなど様々なサービス...

「評価が良くない」と書いた企業には、私はブックビルディングは参加申込自体していません。「評価は低め」とした企業は、損しなさそうなので参加を申し込んでいます。

以上、来週ブックビルディング申し込み開始企業3社でした。

~IPOの始め方~

IPO株とは、新規公開株のこと。

IPO株を初値で売買することで、利益を得ることが期待できます。しかもリスクはかなり低い!

でも、誰もがIPO株を買えるというわけではありません。

ブックビルディングという抽選の申込があり、それに申し込んでから数日後に抽選日があります。その抽選日に当選結果が出て、当選した人だけが購入することができます

●IPOに初めて参加した時の記事↓

初!マネックス証券でIPO株の抽選に申し込み。当たりますように・・・

【IPOの流れ】

①証券会社に口座を開設する

マネックス証券・SBI証券・SMBC日興証券など

②IPOの申込期間に申し込む(抽選)

→IPOを取扱いしている証券会社から申し込む

③抽選結果で当選したら、IPO株を購入する

→落選したらIPO株は購入できません

④上場日に売却する

…という流れになります。

落選した場合は申込金額はそのまま戻ってくるのでリスク無し。

しかも、当選したからと言って必ず購入しなくてはいけない物でもなく、

上場企業の株の値上がりに期待できなければ、購入の申込をしなければ済む話。

(つまり当選しても購入する意思がなければ何もしなくてよい。)

私は、宝くじ感覚でIPOに挑戦しています!

とにもかくにも、証券口座を開設しないと何も始まりません。

IPOをやってみようかなと思っている方は、IPOの取り扱いの多い証券会社の口座を開設することをお勧めします。

私が口座を持っている証券会社でおすすめの証券会社は、

SBI証券とマネックス証券です。

だいたいのIPOはSBI証券かマネックス証券を取り扱っていることが多いです。

SBI証券と言えば記憶に新しいのがiDeCoの手数料が無料になったことです。

2017/5/19(金)より、SBI証券のiDeCoは、新料金体系に生まれ変わります。運営管理機関としての当社が受け取る手数料に関して、加入時・移換時の口座開設手数料に加えて、口座管理手数料も残高に関わらずどなたでも無料とさせていただきます

引用元:SBI証券

iDeCo加入時・移換時手数料と口座管理手数料(月額)は無料になるので、iDeCo(個人型確定拠出年金)を始める予定の場合にも何かと便利ですよ。

SBI証券とマネックス証券。




お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
サイドバートップ1個&記事下2個
サイドバートップ1個&記事下2個

シェアする

フォローする