【断捨離】読んだらモノを減らしたくなる言葉

私は数年前、お部屋をスッキリさせたくて断捨離を始めました。

しかし断捨離の最中に、まだ物が沢山あるけど、もったいない、まだ使えるから、誰々に貰ったから捨てたら悪いとか、色々な思いで捨てられないという状態になる時期がありました。

元々要らないモノや、あまり気に入ってなかったもの、壊れた物、ただのゴミなどは簡単にポンポン捨てられていたのに、だんだん捨てるものが無くなってきて(捨てる決心がつかなくて)、断捨離のペースが落ちてしまったんです。

モノが多いわが家を変えたいという一心で始めた断捨離。せっかくスッキリして来たのに、このままで終わらせてしまいたくない。

そう思ったあと、断捨離作業からはいったん離れて、断捨離に関する本を、色々と読むことにしました。

そうすることで、一旦気持ちをリセットでき、再び断捨離のモチベーションがアップしやる気を維持させることができました。

スポンサーリンク

たった1行でモチベーションを上げることができる

断捨離もそうですが、勉強とか趣味のことでも、やる気が起きないときに本やネット情報にあるたった一行で、すごく元気になったりやる気がよみがえることってないですか?

私は断捨離本などの中に、ひとつでもそんな文を見つけたら、ラッキーだと思って、記憶にとどめておきます。(忘れてしまうこともありますが(^-^;)

今でも、断捨離が全然進まない時や、片付けの気分が乗らないなどには、本を読んだり、以前覚えた文(考え方)をたまに思い出して、やる気をもらっています。

断捨離を進めていく中で心に刺さった、今でも印象的な考え方は、例えば・・・

・もし、余命何ヶ月の病気になった場合、そのモノは必要ですか?

私は、余命数ヶ月の病気になった場合、どんな素敵なモノや高価なモノも要らない。

大切な人と過ごす時間、元気に過ごせる体が欲しい。そう思っている自分がいました。

・あの世には、何も持っていけない。

あの世には、モノも、お金も、ひとつたりとも持っていくことができないですよね。

そう思ったら、私なんでこんなガラクタを大事に保管してるんだって、目が覚めた思いになります。

・100年後にはここにあるモノすべてはガラクタ。

100年後、おそらく、今地球にいる人は全ていないのではないかと思います。(医療の進歩などで状況は変わるかもしれませんが。)

100年後、例えば私の子供の子供(孫)やその子供たちにとって、私が残したモノは、よほどの骨董品やレアものでない限りただのガラクタ・ゴミになります。その前に、100年経っていたら私のモノは残っていない可能性もあります。

※以上は全て頭の中の記憶のため、引用元は失念。

・・・と、荒治療的な極論ばかりになってしまいましたが。。。私にはこれくらいの言葉達の方が効果がありました。

モノは何も必要ない、モノを全部捨てろと言っているわけではありません(^-^;

モノを減らして快適に過ごしたいけれど、断捨離をする手が止まってしまった。という方にとって、少しでもモチベーションアップになれたらと思い書き出してみました。

本で断捨離の事を読んでいると、時々自分にとってグサッと刺さる一文に出合うことがあります。断捨離やお片付けに疲れたら、いったんお休みしてみるといいかと思います。そこで本を読んだりすると思わぬ発見があるかもしれません(^ ^)

にほんブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活へ
断捨離でゆとり生活

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC
こんな記事も読まれています
●こんな記事も読まれています●

フォローする