嫉妬心・うらやましいと思う気持ちに対処するための考え方

私は一時期、嫉妬心に苦しんだことがあります。

それも、夜も寝れないほど。。。

学生時代の同い年の友人(女性)の一人に対してです。

それほど親しかったわけではないですし、連絡を取るような間柄でも無かったのですが、偶然、お互いの夫同士が同じ会社に勤めていて、第一子も同じころに生まれたという情報はどこからともなく入ってきました。

卒業してしばらくしてからなんですが、嫉妬というかその人の話題が出るだけでモヤモヤ嫌な気分になってしまうように。

同じような境遇の彼女に、勝手に競争心のような気持ちを抱いていました。

彼女は、私と同じ境遇ではありますが、性格が全く異なります。

アクティブで明るい。ハッキリと自分の意見を主張出来て、よく人前に出て目立つ機会が多い子。

一方の私は、人見知りであがり症、自己主張の苦手、人と話すのも苦手、とタイプが全く違いました。もう正反対です。

明るくていいな。

しっかりしててすごいな。

目立ってていいな。

リア充でいいな。

そう思うと同時に、

私のほうが幸せだ、私の子供のほうが可愛い、私の夫のほうが・・・私のほうが・・・

というように。

「同じ境遇」と言っても置かれた状況も同じ訳が無いし、単なる私の思い込みでそう思っているだけ。

同じ学校を卒業、夫が同じ会社、というところで勝手に生じた考えなのでした。

「同じ(境遇)なのにこんなに違うの?」という思いがあるから、余計嫉妬・競争心のような気持ちを持ってしまったのだと思います。

なぜこんなにも、うらやましさ、嫉妬心、競争心、敵意を感じてしまうんだろう。

そういう感情を持ってしまう自分自身のことも、なんて器が小さいんだと責めたりもしました。自分の性格への自信の無さからくるものでもあると思います。

今となっては、そんなくだらないことを考えてあれこれ悩んでいたことは、

本当に時間がもったいなかったなと思えるようになりました。

それは、私が人と比べることで自分の幸せを図っていたんだというのがはっきりしたからです。

嫉妬するということは、他人のほうが良く見えて、他人軸で生きているという事。

他人軸で生きるのって、一番自分を大切にしていない行為だということに、あるとき気づきました。

その人の人生は、私が目指している人生なのだろうか?

私は他人の人生を追い掛けているのか?

他人が目指すものを追い掛けたり、追い越して達成したって、それは本当に幸せ?

いや、自分の人生だもの、自分が主役。誰と比べるのでなく、どっしりと自分のままで過ごしたい。

そう思うようになってから、

「明るくていいな?」

→ 明るいからって幸せとは限らない。明るくならなくたっていい。そのままの自分でいい。

「目立ってていいな?」

→ 私は有名になりたいのか?答えはノー。ひっそりと心穏やかに暮らしたい。

「リア充でいいな?」

→ 表面しか見ていないのにリア充だって勝手に決めつけているけど、本当は悩みがあるかもしれない。人のこと考えているより自分のやるべきことをやろう。

・・・と考えるように。

そのモヤモヤ思い悩んでいた(勝手に競争心・嫉妬心を抱いていた)時間がもったいなかったなと思います。その時間があったらほかに何か生産的なことができただろうに。

いいな~と思う気持ちを原動力としてプラスのほうに生かせるならいいけれど、自分の大切な人生の時間の一部を無駄にしてしまうようなら、嫉妬心なんて必要ないんだと思います。

何かで読んだ言葉でうろ覚えですが、こんなことが書いてあったと思います。

「あなたが相手の事を考えている間、相手は寝ています。」

確かこんな感じの文だったかと思います。

自分が相手の事を妬ましいと考えている間でも、相手は自分の事を考えているわけではないんです。自分がメラメラ時間の無駄を費やしている間、相手の人はベットで気持ちよく眠って有益な時間を過ごしているかもしれません。

こんなの、バカバカしいですよね。

とは言っても、一時期とはいえ私はこの「嫉妬心」を十分味わって味わい尽くしてからこのような考えに至りました。

なので、嫉妬心が芽生えたからといってすぐにそのことを考えないようにして、自分に起こった感情を無理に抑えつけると、あとあと同じような状況になった時にまた同じく嫉妬心がひょっこり顔を出してきます。

だから、先ほど言っていることと少し矛盾しているかもしれませんが、嫉妬心を感じてもいいと思います。じっくり嫉妬し尽くしたら自分も満足(?)して、あとは「あーばかばかしい(嫉妬で時間を無駄にして)」と思えるのも簡単になるんだと思います。

嫉妬している時間は無駄な時間ではあったけれど、自分の成長にはなったかなとプラスに考えればそう思います。

この経験があったから、次の嫉妬心がやってきたときには以前よりは早く嫉妬心から解放され、さらにその次にはもっと時間がかからなくなるのではないかなと思うのです。

なんだかまとまりのない文になってしまいましたが…

人生、いくつになっても学ぶことは多いですね。

まだまだ未熟な人間なので、これからも色々な壁にぶつかると思いますが、そのたびに一つずつ成長していけたらと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。
<参考になるブログがたくさんです>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
adPC
adPC

フォローする

こんな記事も読まれています
●こんな記事も読まれています●